信州ぷ組ズッキーニ組and北信視察会

今日は信州ぷ組視察会のうち、ズッキーニ生産者4名のところと北信地区の生産者2名のところを回る視察会でした。まず佐久市望月のやさいの森・石川自然農園さんからスタートし、佐久市長者原のFarmめぐるさん、佐久市瀬戸の坂下農園さんと佐久市の生産者を回りました。今年は暑い夏と干ばつ傾向のため、3農園とも後半の成り疲れが見られましたが、うどんこ病が併発するケースや葉枯れとべと病とが併発する場合など圃場の特徴によって出る症状が異なるのが興味深かったです。
写真は坂下農園にて。
ズッキーニ&北信視察会2013-1
あと一ヶ月くらいで夏野菜は終了。まだ忙しさは残っているものの、みんな夏を乗り切ったいい笑顔でした。坂下農園さんは来週トマト組視察会でまた訪れる予定です。

佐久市から上信越道で一気に北信へ。
ズッキーニ&北信視察会2013-2
長野市までは良い天気だったのですが、西山地域へ入ると・・・・・雨でした。
そう言えば昨年の北信視察会(7月)も雨でした。
ズッキーニ&北信視察会2013-3

小川村でズッキーニ・インゲンを中心につくっている麦ダンスさん。でも写真はナス畑(笑)。
ズッキーニ&北信視察会2013-4
ズッキーニは終了に近くなっていました。インゲンは圃場によって非常に悪いところがあり、雑草かなとおもわれました。また春先の土壌改良後に見られたズッキーニの活着不良について、土壌診断データも見ながら現場での検討が出来ました。ナスとオクラは良好でした。

麦ダンスさんを切り換えにそのまま北信視察会へ移行。小川村の信州風土やさん(無農薬多品目)と信州新町のてっちゃん農園さん(ナス、オクラ、ズッキーニ、雑穀など)を回りました。信州風土やさんは各作目安定した出来とみました。メインの作物のところの草対策や誘引など、忙しいなかでも外しちゃいけないポイントは確実に押さえられていました。
てっちゃん農園さんはズッキーニは初期生育期の育成で手が回らずに調子を崩してしまっていました。ナスやキュウリは地下水位の高い圃場の特徴に合わせるためにもっと検討が必要と思われました。オクラ(島オクラ)はばっちりでした。圃場の特徴とてっちゃん農園さんの管理体制に合っている品目と思われました。参加メンバーも口々にオクラ増やしましょと勧めていました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。