てっかどん

昨年導入したエイコーン・スクワッシュ(どんぐりカボチャ)を今年もつくっています。エイコーンはペポ種なので、ズッキーニの仲間ですが、節間が蔓化するタイプです。しかし同じペポ種の蔓伸びタイプでもそうめん南瓜ほどは節間は長くなく、幼植物のときはズッキーニみたいに詰まって生育します。
エイコーン適果期
利用方法は、冬至カボチャ(ウインター・スクワッシュ)として貯蔵して、冬に各種料理に使います。とても日持ちが良いカボチャです。調理方法としては、ベイクド(グリルorオーブン焼き)が一番美味しい。

昨年導入した品種は「ハニーベアー」という揃いが良くてつくりやすいF1品種でした。今年はそこからタネとりしたF2を栽培しています。見事に分離していますが、トンデモない個体はないようです。揃いを気にしなければ、十分に栽培に耐え、収穫物も出荷に利用できると思われます。

わたわたの経験では、F1品種は全てタネとりできないなんてことはなく、品目・品種によってはF2が十分使えるものもあるのです。しかし、世の中でちゃんとF2を栽培し、表現をみている物好きはそうはいないと思います。あまり試している人はいないのに、F1はタネとり出来ないっていう話だけが一人歩きしているように思います。

まだ着果させるには早いので、適果しました。この適果はズッキーニの未受粉果と同じものなので、食用になるのです。これを使った利用を思いつきました。

適果丼(てっかどんと読む?)

適果は1/2に切り、200℃でからりと揚げ、熱々のうちに出汁・しょうゆ・バルサミコ酢・わさびを合わせたタレに漬け込みます。ご飯を丼に盛り、海苔をちらして、適果をのせ、漬け汁少々をまわしがけして出来上がり。
適果丼
揚げた適果はとろりとして、美味しいです。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ