カボチャ整枝

今日は1日中Happy village farmの畑でカボチャの整枝していました。
カボチャ整枝130630 畑からきのこ130630 適果バター交雑136030
摘心のタイミングと方法でちょっと出遅れてしまったけれど、生育はかなり回復。しかし作業も遅れ気味だったので、むしろこの生育遅れのおかげで整枝はベストのタイミングで入ることができました。人間万事塞翁が馬ですな(*^^)v

洋種カボチャ(Cucurbita maxima)の「福ちゃん」は2本仕立て、和種カボチャ(Cucurbita moschata)バターナッツは3から4本仕立てです。伸ばさない蔓は切除もしくは摘心し、伸ばす子蔓は方向を揃えて誘引し、ペーパーピンで止めて固定。

雨が続いたせいで、畑のあちこちからキノコ。ハタケシメジかな? 昨年かなり大きくしたエンバクが炭素源なのかなと思われました。

バナーナッツにかなりの異株があり、すでに雌花が咲いていて、結実しているのもありました。これは昨年数株出ていたバターナッツ×洋種カボチャの種間雑種の花粉がバナーナッツに交雑したもののようです。普通、この和洋雑種(いわゆる「鉄かぶと」)はF1不稔になるので、受粉用に洋種カボチャもしくは和種カボチャを使うのだけど、その逆になっている。そういうことってあるんだ!って驚きでした。
葉っぱはバナーナッツと区別つかないので、間引きでは除けないし。

どうも教科書で書かれているよりもうちの畑の種の壁は低いらしい。栽培者の性質上そうなのか。垣根のない農業、人の和を目指したいのだけど、種の垣根もなくなっちゃったの?
冗談はさておき、推察するに、これは異種類受粉や花粉メントール効果ではないだろうかと思い当たりました。

旧ソビエトの失われた研究で(こう書くとなんか冒険小説のようだ)、交雑には直接関わらない異種の花粉を混ぜることで、種間交雑率や自家不和合性程度を変化させたり、後代の変異の幅が変わるといったものがあったのだ。考えて見ればここは両側にスイカ畑だし、カボチャも和種、洋種、ペポが植わっている。まさに異種類受粉だったし、考えられなくはないなと。科学的に証明しようとすれば膨大な実験が要りそうだけど、別に証明するために栽培しているんじゃないんだし、事実は目の前にあるんだから、そこから実用上どうするか考えればいいだけです。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。