連鎖反応

時事通信社の伝えたニュース「氷から水、きっかけ解明」が目にとまった。
氷から水へ変わる瞬間
まずはニュースの引用「氷の結晶構造が崩壊し、解けて水になるきっかけをコンピューターのシミュレーションで解明したと、総合研究大学院大(神奈川県葉山町)の院生望月建爾さんらが英科学誌ネイチャーに発表した。
(中略) 
 水分子は小さな水素原子2個と大きな酸素原子1個から成る。固体の氷では、分子が六角形の網を構成するように整然と並んでいる。
 しかし、温度が上昇すると分子が揺らぎ出し、分子同士の結合が切れて六角形の形が崩れる所が現れる。(中略)分子が揺らいで結合が切れ、六角形の形が崩れても、初めのうちはすぐつながって元に戻る。しかし、温度上昇で揺れがひどくなると、つながる際に間違った分子の組み合わせが発生してしまい、連鎖的に組み替えが起きて結晶構造が崩壊することが分かった。」(以上、引用終わり)

氷の結晶を維持している水素結合のうち、1箇所が切れて元に戻るときに間違ってしまうと瞬く間につなぎ替えの連鎖が起きて、わ〜っと水に変化するということなのだが、これって凍るときにも同じような反応が起きるのかな。
自由に動いている水のどこかでこういう形でつながろうというのができると、やはりわ〜っと連鎖反応でその周囲から結晶化していくとか。

水素結合の構造が必ず元を維持するように、結合が乱れたら小さいうちに正しい位置に戻るような力をかけることができたら、0度以上でも氷が維持できるのだろうか。
水分子同士で、「おい!君の手の位置は間違っているぞ、そこじゃないだろ、全体に影響するんだからいい加減なことするな」とか言い合っていたり。

物質の在りようも根本的なところでは、実はアニミズム的というか対話的というか、社会的なんだなと思う。熱力学はマクロ的に捉えれば、エネルギー的にはこうだと言えるだけであって、現場でその化学反応が起きるのかどうかは当事者に任されているし、同時にそれらが総じて全体が反応する場合を以てそれぞれは反応を起こすのかもしれない。人のひとりひとりにも同じようなことが言えるなと思ったのでした。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ