混植の妙?

先日定植したナス。レタスの間ですくすく伸びています。
日差しに当たる
レタスも昨日の雨で一段と大きくなってきました。注意深くみると、ナスは順調に大きくなっているけれど、レタスに押され気味になっているように見えます。ダイコンも伸びてはいるけれど、もっと成長が早くてもいいのに、どうもレタスによって抑えられているように見えます。しかし、ナス、ダイコン以上に抑えられているのが雑草。発芽はしているのだけど、大きくなってこない。メヒシバもスベリヒユもイヌビユもノボロギクも伸びが遅く小さなままです。総じて、レタス、ナス、ダイコンはゆるやかに連携して雑草を抑えているように見えます。

前々から観察していたことですが、作物同士は何らか助け合いながら育つところがあり、同じ事を雑草でも出来るかというと、雑草の種類と作物との組み合わせしだいではあるのかもしれないけれど、わたわたは認識したことがないです。ハコベやハキダメギク、イヌビユなんかは明らかに作物の伸びを抑えてしまうし、雑草に近いハーブ(カモミール)とトマトの混植を試したときは、明らかに混植区の方が生育・収量が劣ってしまいました。

この栽培では、もう少しするとレタスの収穫が始まるので、レタスを採るたびにナスが元気になっていき、結果としてレタスはナスの初期生育を助けたことになると思われます。

コメント

世間一般で言われているコンパニオンプランツやそれもどきも実際にやってみると効果を実感できなかったり、まるで違うものをやってみるとうまくいったりで結局、自分の畑にあるものを探しながらやるしかないんだな、と思う今日この頃。うちが特殊なだけかもしれないけど。
2013/06/01(土) 07:58:32 |URL|ばかぼんのパパ #- [編集]

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。