農作業三昧

今日は穏やかな農作業日よりでした。まずは朝5時からHappy village farmのトーショー西畑を耕耘。
トーショー西表層耕耘130525
耕耘といっても3cm程度の深耕で表層で発芽したメヒシバやイチビなどを除草しました。ここはダイズ(信濃鞍掛)になる予定なので、その播種は6月中旬。それまでに表層で夏雑草を発芽させて削るというのを2回ほど行っておくと、ダイズ播種後に発生してくる雑草が少なくなるのです。

その後、苗管理をやってから、
みんなの野菜畑の番外編で、使う余力のない小さい畑の草刈りに行きました。
みんなの野菜畑番外編
今のところハルジョオンだらけ。このまま草刈りだけ続けるのがいいわけはないが、今のところ、畑化の方策も手間もない。防草シートと枕木みたいなので囲って、ハーブ園とかにしたらいいのかな。

さらに水神畑の畝間除草に行きました。Namiさんがかなり頑張ってます。
水神除草130525
緑肥(エンバク)を播くのが一ヶ月くらい遅くなってしまったので、かなり夏雑草が発芽して競合してきてます。エンバクが元気になるように一雨欲しいところ。

っとここまでは松本で作業。その後、お昼ご飯用におにぎりを食べながら、富士宮の木の花ファミリーの畑へ移動。
渡Qスイカ4本整枝 みつえ畑スイカ整枝 側枝1本仕立て
メロン、スイカの整枝作業をしました。今年は親ヅルを12節くらいまで伸ばして摘心。その間に下位節から出る子づるは切除しておき、摘心後に上位節からでる力の強そうな子づるを誘引する方法を試しています。大玉は4蔓2果どり、小玉は5蔓3果どりになるように整理しました。木の花では子づるの「ツル引き」はやらないので、伸ばすべき子づるをしっかり決めるというのがポイントなのと、7〜8番花あたりから着果するであろう2番果も収穫対象とするので、波田のスイカとは作り方や目指すスイカのイメージが違うのでした。

ナスやピーマン、トマトなどもみました。
側枝1本仕立て
ちょっと暴れ気味なので、とくに暴れやすそうなところで、主枝1段摘心側枝1本仕立てを試そうと思います。


コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。