ペポカボチャ

種子を食べるペポカボチャを鉢上げしました。昨年の夏に自殖し、自家採種した種子から育てたものです。
ペポカボチャ鉢上げ カボチャ収穫120804-1
このカボチャのタネには硬い種皮がないので、軽く炒るなどしてそのまま食べることができ、最近では健康食品としても人気のようです。カボチャ種子エキスみたいなものも出回っているくらい。でも薬効があるから良いというより、普通に食べてもとても美味しいので、日常的におやつや料理にも使いたいところ。

栽培上の難点は、種子を食べる以外には使えないということ。果肉はとってもまずかった(--)タネにするまでに、十分に登熟させて、タネとりだして、良く洗って、干すという工程なのだけど、傷みやすい大きな果肉の廃棄物が出てしまう。・・・・。う〜ん、なんとかならないかな。

そこで! こんなのはどうだろう?
エイコーンスクワッシュ
これは同じペポ種(Cucurbita pepo )の青果用品種のエイコーン・スクワッシュ(どんぐりカボチャ)。
これは果肉がとっても美味しい。収穫後4,5ヶ月くらいは日持ちがする。

果肉がエイコーンで、タネも食べられたら捨てるところがない。タネを取りだした残りはスライスして冷凍しておくなどできるだろうし、そもそもエイコーンを利用するたびにタネも取りだしていけば良いじゃないか。

ううむ。これは交配して育種してみるかな。
「種皮なし性」はおそらく劣性形質だから、ベースをエイコーンにして種皮なしだけ移入しようと思うと、自殖を挟んで戻し交配することになるのか・・・・。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。