根上がりカボチャのその後

播種深度と覆土のバランスが悪くて、根上がりしてしまったカボチャのその後です。
カボチャの苗立ち観察1 カボチャの苗立ち観察4 カボチャの苗立ち観察2
カボチャなど瓜類は、地際から水平に近い角度で出る根があるのですが、根上がりしてしまうと出ないか、出ても伸びないのです。すると、双葉も少し小さくなってしまいます。

こっちが本来の発芽状況。覆土のすぐしたに横方向に伸びる根ががっちり張っていて、株元がしっかりと大地にくっついています。
カボチャの苗立ち観察3


たかがタネまきではないのです。不耕起とか施肥がどうのこうのが自然農法なのではなく、
作物が持っている発芽の仕組み、根と土がつながっていく仕組みを引き出すのか、減じさせてしまうのか。
1つ1つの作物や土との向き合い方に、学び、気づき、技術をその場で創っていくという姿勢こそが自然農法だと思うわけです。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。