ナスのネズミ対策

今日は寒風吹く中、ナス畑の畝づくりをしました。昨年は普通に高畝にして、通路に定期的に水を流す(畝間かん水)によってネズミやモグラが入ってくるのを阻止し、ついにネズミ被害ゼロを取り戻しました。しかし、畝の形状が蒲鉾状というより山のように裾野がながくなってしまい、作業性が悪かった。そこで、今年は水田用の波板を畝の両側に埋め込んで、畝の肩を垂直にしました。見た目には大きなプランター(写真取り忘れ。後日掲載します)。地面から15cmくらい下まで波板が入っています。これで昨年同様に通路に水を張ることでモグラも地下からの侵入はできないでしょう。さらに周辺と圃場内通路との間には昨年より一段深く溝を掘る予定。
あとは通路の土を堆肥やボカシと一緒に畝上に乗せて、畝づくりをしていきます。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。