土壌調査

畑を見に行きました。土壌も化学性を診断に出すことになってます。ここはうちの借りている露地トマト予定地の畑の隣で、面積は10aあります。もともと水田ですが、ここ2年ほどは休耕中。
新しい畑候補
30cmまで掘ってみると、23cmくらいのところから下は赤っぽい土になってました。
A畑上層土
上層の土は、沖積土系で灰色低地土といったところです。石はほとんど見つけることができません。良い土です。
下層土の塊 粘土が強い
下層土は赤くそこそこ粘土は強い感じですが、この層に無数の根成孔隙があり、作物の根はこの層まで十分に張っていたように思われます。粘土なので水分を含んでいましたが、水の通りは良いということを意味しています。しかし、この下層土は波田に普通に見られる黒ボク系の赤土ではありません。この上の山肌に見える第三紀層が崩れて堆積した地層のように思われました。

っと観察をしていると、道向かいの家からおじさんが出てきて話しかけてきました。
「ここいら一帯は昭和58年の大水で山の土が流れ込んだんだよ」っとのこと。やはりそうか。

下層土が第三紀層土で、上層が水はけが良くて厚みのある沖積土。探してもこんな並びの畑、滅多にないじゃん。
すごい掘り出し物だ、、、、土だけに(^_^;

何つくっても、味が乗るだろうな〜。根菜なんか最高だろうし、葉菜つくれば日持ち抜群、果菜類もすっきりした味になって草勢も長持ちするだろうね。
楽しみになってきた・・・・。


別の畑も見に行きました。こちらは住宅地内にある細長い畑。
もう1つ別の畑の土
赤土黒土混ざるし、変にさくさく掘れる。さらさらの黒ボク。
明らかに過去はヤマイモ畑でしょう。
ううむ。こっちは手こずりそうだなぁ。こちらはダイズとか麦がいいんじゃないかな。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。