農の会2011年定例研究会案内

2月12-13日と農の会研究会が新宿であります。案内を掲載します。
---
研究会テーマ 生物多様性から農、食、そして人間の多様性へ
 2010 年はCOPP10が開かれ、生物多様性が話題になりました。生物多様性にはいろいろな切り口があり、私たちの生活との関連についても様々な問題提起ができます。生き物が多様性に富むことを詳細に記載し、その多様性がどのようにもたらさせるかについて科学的な考察を行ったのはダーウィンでした。農の会では、ダーウィンの指摘した生き物の多様性はその生き物の生活と結びついて発達してきたという科学的な生物観に基づき、作物栽培や家畜の飼育において 生き物の歴史・生活を重視した技術の組み立てを目指してきました。農の会流に考えれば、日々の農業実践が生物多様性保全でもありますが、今日の農業技術論 の中にこうした視点は希薄でしょう。そもそも生き物は多様なものであり、その生き物のあり方に関わる農業、その農業によって得られる食、そして自然と農と 食によって形成される人間の暮らし方というのは多様性を基本に捉えるべきものと言えます。モノカルチャー的な農業や農産物のサプリメント的な栄養評価などで一律に農や食を規格化することは、自然の構造や農のそもそもの成り立ちに反した偏ったものでしょう。今回の研究会では、生き物の多様性から見えてくる農 と食、そして人間のあり方についての認識を深めてみたいと考えています。

日時 2011年2月12日~13日
会場 新宿農協会館8F大会議室 
   JR新宿駅南口 徒歩5分 ℡ 03-3374-4381
参加費 参加費2000円、懇親会費4000円
申し込み FAX:0263-92-6683
     メール:nounokai3901401(アットマーク)gmail.com
     ※懇親会参加の有無も明記願います。
締め切り 2月5日      

スケジュール
2/12 13:30 開場   
14:00 開会・挨拶
14:20 話題提供1:柳下登氏 生き物の多様性と農業技術
15:00 話題提供2:石綿薫氏 タネと土と栽培~農業技術の多様性を捉える視点
15:30 話題提供3:鈴木義啓氏 生き物のバランスで成り立つ無農薬花卉栽培
16:00 休憩
16:20 話題提供4:高橋範行氏(農民連青年部、和歌山県)
16:50 話題提供5:栗原澄子氏 料理教室への思い―食生活の立て直しは社会の立て直しー
17:20 話題提供6:内田達也氏 自然の多様性に学ぶ暮らし方~エコビレッジという提案~
18:00 パネルディスカッション
19:30 懇親会(別会場)

2/13 10:00 開場
10:10 会員活動報告
   佐藤陞氏 黒大豆栽培について
   ピートン研究会
2010年農の会会務報告および2011年度の活動や現地研究会開催についての意見交換
11:50 閉会 

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。