間引き調査

研修生と試している刈草を直接作物栽培に利用する簡易な実験。秋に播くホウレンソウを作付けする1週間前に、土手草などを畑に入れて鋤き込んだり、敷いたりするとどうなるか?っていうのを実験してみることにしました。播種して一ヶ月したところで、間引きをする前に調査してみました。
バラツキが大きくてあまり差ははっきりしないのだけど、ホウレンソウとホウレンソウと一緒に生えている雑草の重さを測定してみると、バラツキ方の違いがでたり、それなりに違いはありそう。
間引き時調査
雑草は入れない方がいいってのが全体としては言える(爆)ようにみえるけど、
IF2ホウレンソウ CS2ホウレンソウ
左は畝間に溝を切って雑草を埋めて、播きすじには入れていないもの。ホウレンソウの1個体1個体が大きいみたい。
右は鋤き込みしないで播種後に上に敷いたもの。播種溝は塞がないようにしたものの、どうも発芽や初期生育がおかしくなった模様。

同じ量の草でも使い方で反応は全然違う。敷いた方が良くなると思ったけど、この畝間の設定だと直播するホウレンソウには良くないらしい。あと2週間ほど育てて、本調査の予定。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。