子ども部屋の片付け

昨日と今日とで汚れを拭き取ってコンテナに入れたカボチャは屋内に収容する計画。屋内といっても、わた家に冬期に野菜を置いておけるような倉庫はないので、家のなかに貯蔵場所を確保します。20コンテナ以上あるので、そんなにまとまったスペースもない。というわけで、何か既存の場所を空けないといけません。いろいろ考えた結果、2つある子ども部屋を1つにまとめて、空いた方を農業用事務&カボチャ貯蔵場所に振り分けることにしました。まず上の子Tが木の花へ引っ越しして行った後空き部屋になっている方を片付け、それぞれの子ども部屋に分けてあった二段ベットを再びTの部屋で合体させました。そしてCの部屋から荷物を運び込んでそれなりに配置していきました。
新しい子ども部屋
Cのゴミだらけだった部屋から、ゴミでないものだけを移動させたので、当然キレイです。このすっきりさがいつまでキープできるかな(笑)。

さて、Tの残していった荷物といっても、生活に必要なものや勉強道具、お気に入りのものは持って行っているので5年生のときまでのプリントやノート、進研ゼミ小学講座の付録や玩具などがほとんどでした。それぞれ古紙や各ごみに分類して整理していきました。

4年生くらいまでのノートをみると、字が読めないほどヘタなのだけど、5年生のをみると結構うまく書けるようになっていたり、進研ゼミも随分しっかりやっていた時期と、だいぶ誤魔化して怠けていた時期があったり(どちらかと言うと、段々やらなくなっていったという表現が的確か)、5年の臨海学校の準備を班長とか委員とかで頑張った跡があったり、進研ゼミの付録などのパーツだとか、空き箱なんかを組み替えて何か作って遊んでいた形跡だとか、わたわたの知らなかったTの時間がそこにありました。

家族だから、毎日顔を合わせていたし、それなりに会話もあったわけだけど、しだいに1人で出来ることが多くなっていくに従って、また独自の好き嫌いや興味関心が出来てくるにしたがって、独自の時間、独自の経験が増えて、子どもはその子オリジナルの人生を歩むようになる。当たり前のことだけど、そういう独自の時間を持ち始めていたTとのつき合いはどんなだったっけかな?っと自分を振り返りました。

手がかからなくなっていったことは良いとして、手が離れた分、関心も離れていたかもしれないなっと。何につけ子どものことを知りたいとか、干渉するっていう感覚はないし、大いに自分の時間を作って欲しいと思っていたけれど、それは無関心とは紙一重でもあるなっと。

家族として、人間同士のつき合いとして、関心を持ちつつも、その子オリジナルの人生が築けるように、話を引き出す会話を心がけたり、わたわたたちの日常や心のことも伝える、そんなつき合う姿勢があると良いのだなと気づきました。心の姿勢がちゃんとしていれば、自然な会話のなかで、必要なことは伝わるもの、伝えられるものになるのだろうな、そう思うのです。

Tが木の花での新しい生活を初めて半年ちょっと過ぎ、ようやく部屋も片付き、新しい部屋に生まれ変わりました。すっきり片付いた本棚や机周りを見て、Cは片付けの意味がやっと分かったそうです(笑)。Cのためにも、今日の気づきを活かしていきたいと思いました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。