黄色野菜?

朝、畑を見に行って、自家採種のスイスチャード(不断草)が無事に発芽していることを確認しました。このチャードは葉っぱの軸(中肋)が黄色になる系統で、サカタのタネが販売している「アイデアル」という赤や黄色やオレンジなどの混合品種から黄色のものだけを選んでタネとりしたもの。単純だけど、まぁ、分離育種法といえなくはない(^_^;。黄色だけで揃えたら結構キレイだろうと思ったわけです。他にもハッピービレッジファームには、黄金蕪もあるし、黄色トマト、黄色ミニトマトもあるので、黄金野菜シリーズとか揃えてみたりして。何せ今年は金星がテーマですし・・・・。

あと、黄色や黄橙色になる野菜ってあるかな? ちょっと思考を回してみましょ。

ニンジンの黄色は栄養がないし、いまいち貧相に見えるので、パス。
ピーマンは一考の価値ありかな。中型の完熟タイプを検討しよう。
ハクサイは、黄心タイプは今や普通なので、あまり面白くないし、外観は緑だからいまいちか。タキイ種苗の「オレンジクイーン」の結球内部が橙色になる性質は単因子劣性なので、これをミニ白菜や招菜タイプの白菜に導入するとサラダやさっと炒める料理で黄橙色が冴える品質になるかな。
あとはカリフラワーの橙色。「オレンジ美星」(サカタ)と「オレンジブーケ」(タキイ)か。

今から取り寄せて検討したり、ここで自家採種育種の素材にできるのは、白菜くらいかな〜。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。