ヤマカワプログラム

現代農業に出ていた耕盤層が柔らかくなるとか、作物根が耕盤層を突き抜けるようになるという方法。
ヤマカワプログラムというらしい。
http://www.ruralnet.or.jp/gn/201210/kant.htm

耕盤層の硬い土を1kgとってきて、ひたひたの水で10分煮込んで、土を濾して、
それに光合成細菌と酵母の活性液を混ぜて3000倍に薄めて使うそうです。
100リットル/10aということは、煮出した土のスープは30ml/10aくらいでいいのか。
ううむ。すごいなぁ。

記事によれば、耕盤層に直接撒布してもダメで、作土層がないと効果がないことから、仕組みとしては、耕盤層の微生物に作土層を通して働きかけ、根が通るように柔らかくなるようです。散布後、3~5日で棒が深くささるようになるということでした。

わたわたのところでも試験場でもやってみようと思います。楽しみです。

ヤマカワプログラムの仕組み、三元素理論、テネモス理論、ホメオパシー理論、量子力学などいくつかの角度から考えられそうで、実際にイメージが湧いてきたから文章化もしてみたけど、まずはやってみてからブログに載せようと思います。お楽しみに。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。