心の源泉と天気を司るもの

18日の午後は自農センターの農場見学の案内の役割があったので、職場に出ました。今にも雨が降りそうな入道雲が出て、雷鳴も聞こえていましたが、それはまるでお祭りのように感じました。
雷雲
「あっ、昨日(17日)の雷とは違うな、これは夏祭りだな」そう思えました。人間界も盆踊りや花火大会の季節でしたが、天と地との行き来の世界でも集って騒ぎたいってことなんだなっと。

お祭りはただ騒ぎたいっていうものもあるけれど、もともとは神事や先祖の供養であったりもするように、何かしら地の神や人々のエネルギーを束ねて表現することに源泉があるもの、見えない世界とどうつながるかを想いを発してできたて来たものと思われます。そういう意味で祭りは「真釣り」。天(見えない世界)と地(見える世界)との間を結び釣り合いをとるものと言えます。

雷雨が神さまたちの祭りだとすれば、それはまさに真釣りで、地上の熱気と上空の冷気、気圧配置や地形などを雷雨や風という形で表現し、釣り合いをとるものなのでしょう。

畑から水神さまが見えたので、「水神さまも参加されるのですか?」と尋ねると、今日は参加するぞという答えとともに、「そなたは参加しないのか?」と聞かれました。

「え? あぁ、まぁ、参加してみましょう。」不思議と参加出来るような気がしたのです。

局所的な天と地の情報交換、その辺り一帯の天気とは天の気のみならず、地のものたちの思いの総和も反映するものであり、その総和とは、決して多数決ではなく、想念の源泉のつながり=ネットワークを反映するものなのです。
雲の賑わいのなかに、それらを束ねる想いの糸網のようなものを提案し、皆がその網に沿って「ひとつの祭り」を顕すならば、それはひとまとまりの雷雲となったり、人間界で行われれば祭りに発展するものと思われます。

意識しているしていないに関わらず、私たちにはたくさんの想いや記憶があり、日々様々な感情が湧いてきます。それらを湧き出させている心の源泉とは、それらの個々の記憶や情報を1つの心としてつないでいるもの=魂=情報のネットワークだと思うのです。個々の情報は見えません。見えない世界のものです。それはどこまでが自分のもので、どこからが人間のもので、宇宙のものでと本当は線が引けない。境界は結構曖昧です。記憶情報というのは個人所属の所有物ではなく、そう思わせる働き(ネットワーク)によって、自分の個(心)は発生していると言えます。そのネットワークのことを魂と呼ぶのでしょう。

だから、心のネットワークを解放して、風や雲にまで自分を広げていったら、わたわたも雷に参加出来るのです。
瞬時にそう思えたのでした。
雲に向かって心を開く、さぁ、どうやって開くのでしょうか。何より、どんな心で参加しましょうか。

方法はいくつもあるのでしょうけれど、わたわたは歌を歌いました。歌は不思議なものです。どうやって歌が生まれるかを想像すれば分かるように、考えてつくるものではなく、湧いてくるものです。詩やメロディが湧いてきて、それが形になったものが歌だとすると、その歌を歌うことで、湧いてきた元の世界とつながる(共感)ことができるのです。歌という方法を通して、容易に心の垣根を解除し、ネットワークの糸の先を伸ばすことができるってことです。

どんな歌をどんな心で。
歌は、大地や農作物の豊かな稔りを想って「みのりの風」。そしてそもそもこの風も雲もこの地球全てが宇宙からみれば地球の一部、地球自体が宇宙の一部という想いを伝えようと想い「宇宙の子ども」。
軽作業をしながら、心を空へ飛ばしました。
雲は高く高く発達していきました。
その結果、さぁどんな雷雨がくるかと、その後の見学案内のことも気にせずに楽しみにしていたのですが、
雲が消えてしまいました。
宇宙はまずかったかな・・・・。さぁ、みんな騒ごうぜ!盛り上がろう!っとわいわいしてたところに、全体を俯瞰しましょうって呼びかけてしまって、みんな、冷めた?

まぁ、その後の農場見学には良かったのですけど。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。