忙しさこそ

ここのところ忙しさがかなり高まってます。自農センターの農場では遅れがちな作業を一気に進めたいけれど、イベントのためのプレゼンや資料づくりが重なったり、Happy village farmも除草や誘引をしたいのだけど、カボチャやスイカの交配が一気に来たりと、あっちもこっちも同時進行。

忙しいは心を亡くすと書きますが、心を配れないと、落とし穴にもはまります。先週頑張ってやったライ麦の一部の脱穀。いつもはハザかけしてカラカラに乾かしてから脱穀なので、脱穀後、しばらく籾袋にいれて積んでおいても大丈夫なのですが、今回は露地干ししておいた乾燥不十分なものをそのままにしてしてしまいました。気がついたときには袋の中にカビが蔓延。苗床の端においておいた袋を見ていても全く気づきがありませんでした。すぐ横のキャベツ苗は見れば、キャベツの状況をさっと判断していろいろと手入れしていたのに。忙しくても、キャベツにはタイミング良く必要なことができているなっと思っていたのだけど、麦は惰性で見ていたということです。

落ち込みましたが、これは心を立て直せというメッセージ。自分の内側の発露と捉えます。

限られた時間であれもこれも完璧に仕上げることはできない。身体の疲労もかなり溜まっています。そういう状況において、「こなさなきゃいけない」とか「気にかけなきゃいけない」と意識過剰になると、かえって気づきがなくなります。意識を向けてる先(例えばキャベツ)には良くても、心がフラットでなくなったり、対象以外への関心がなくなり、それ以外のために動くのが億劫(おっくう)になります。

その対象とは「こなさなきゃいけない」という思い・焦りをベースに、自分で設定している枠内なのです。最初から枠を決めているから、枠外にしてしまった麦がカビてしまって、慌てたり落ち込んだりするわけです。自分で枠をつくり、枠内しか見ないようにしているのだから、気づきなんか生まれようもない。その枠とは、思惑とも言えます。思いの作り出す戸惑い。世界はその枠を超えてつながり動いているのだから、勝手に設定した思枠通りにはならないようにできている。むしろ囲い込みした対象だけに気を配ることは、物事の関連を断ち切り、ギャップを大きくするでしょう。そうやって、自分から見たときの落とし穴にはまる。周りから見たら、当然の結果。

心を立て直す方向は、枠の再設定ではダメですね。枠を1つ広げたところで、その1つ外側で同じ事が起きるでしょう。

まずは思惑で見ていた自分に気づくこと。キャベツの世話をうまくやれて出来ているつもりになっていた自分の傲慢さに気づくことです。実にショボイと認識する。


忙しさのポイントはなんでしょうか。

忙しさのなかで、あれもこれも逃すものかっと頑張るのは、結局、結果を所有しようという自我に囚われている状態です。そもそもあれもこれもは出来ない。物理的なことには限界があるし、頑張る対象物は自分で設定したものであって、つまり我欲の対象です。やらなきゃというその対象が、この世界の運行にとって、必要なものは頑張らなくても成っていくし、不必要なことは頑張ったって成就しないのです。

だとすれば、何を成すかではなく、どうして成さんとしているのかにキッチリと心を向けた方が良い。
成すことの意味を問う心、物事に向き合う姿勢を保つことが心を立て直す方向と言えます。

忙しさのポイントは忙しさに対して、どんな心で向き合えるかのトライアルと言えます。忙しいときに飛び込みでいろいろと案件が入ってくるのは、むしろそのトライアルのための応援なのです。
目一杯だ、勘弁してくれという思いは全く不要であり、それだけの案件がたて込む状況が言わば天意。世界の運行そのものの必要性から発しているのだから、一見理不尽なことでも、後で振り返って見えれば道理であるわけです。自ら招いているとも言える忙しさなら、なおのこと何をどれだけ成すかではなく、なぜ成すのかの意味を問いたいと思います。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。