霊芝農法

昨日の農の会で不思議な農法を知った。特殊なキノコ霊芝(サルノコシカケ)を地面の深いところ(40cm)のところに埋めると、そのキノコを中心に直径20mの球径空間の土壌微生物が活性化し、作物の病気や害虫への耐性が強化されて無農薬栽培が可能になるというもの。有機転換1年目からの害虫が抑えられるという報告であった。肥料は普通にやるとのこと。肥料とは別々に作用するらしい。その霊芝は2枚ペア(好気性菌活性化用と嫌気性菌活性化用)で埋めることになっていて、1ペアが5000円(試験中なため。将来は7500円程度?)。10aに5個程度必要なので2万5千円とのことだった。効果は3-4年。紹介者は、仕組みは分からない。それは自分の範囲の話ではなく、自分は農業の応用技術だけだと言っていた。どっかの先生が分析しているが、たぶんよく分からないだろうとも。

まぁ、疑ってもしょうがないのでその通りなのだろう。すごい画期的な資材だと思う。おそらく作物を作り続けることでそこの生き物が自ずと配置され、運動し、形成していく場(重力やら電磁波やら音波やら全て)が揃うと、それぞれの背景で働いている測定されない力にも一定の同調性や干渉などが起きて、それぞれの運動や反応にスムーズさや安定性、共鳴共振を与えるようになるのを擬似的に再現できるのだろう。バイオダイナミック農法と同じようなものだけど、その汎用性
がホントなら、もっと上をいくことになる。

しかしその霊芝は、インドネシア産の100年モノでないと安定した効果が出ないばかりか、中途半端な霊芝では、逆効果にすらなるのだという。

試して見たいが、100年かかって育った霊芝が土に埋めて3年でダメになるのか。
その霊芝はまさに自然の恵み。人間の英知の及ばない力で育ったモノなのだろう。またその農業への応用法を発見したことにも感服する。しかしそれだけに3年で消えてしまうペースで使うという技術はどうなんだ。しかも他所の国のモノ。
使い切ったら終わりだし、お金で買えばいいのか。その発想は従来型だ。これをレメディのようにして使って地球中で使えるようにするとか、どうせ神秘的な農法なら、応用法も無限に使えるようなモノであって欲しいと思った。

こういうのは未利用な自然エネルギー技術への入り口なんだと思う。
何がどう違うのか、従来の解釈を試みて、新しい仮説を立てること。人類の世界観・自然観を広げようという視点での活用・研究が必要だと思う。しかしこれはどう考えても自然資源の浪費なので問題あるなと思った。


空気と火水土の物質観ではどのように解釈できるのだろう。

空気は、光と水(火素と水素)が結びついたもの。土素は物質化のルールであり、地球の土は土素に満ちている。物質は空気2と土素2が結びついて、空気1が出て行っって残ったもの(火土 + 水土)。しかし絶えず物質の中の気は入れ替わっていて、物質化(吸引)と気化(放出)のバランスがある。

植物(木)の成長はまさに空気と土から物質化していく現象。特に木部は、より強く物質化し、リグニン(火土 + 水土)の塊が蓄積していく。キノコ(担子菌類)は木質を食べる。それはリグニン(火土 + 水土)に、改めて空(火水)を加えること。1個のリグニンと1個の空気で2個の命(火水土)になる。そして1個の空(火水)が再び大気に戻るときに、1個の命(火水土)と1個のフリーの土素を残す。フリーの土素は、空を吸引して命に戻ろうとする。こうして40cmの深さまで空気が引き込まれていく。その過程の土層で様々な反応が起きる。

という解釈が可能だろう。
物質的なしっぽなら、有機物を入れなくても硝酸還元酵素やグルコシダーゼなどの土壌酵素の活性が上がるとか、有機物を入れた後の有効化が早いとか、2つの植物間での物質の移動が起きるとかあたりから捕まえられそうな気がする。

炭循農法もこの解釈でいけそうかな。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。