カボチャに緑肥マルチ

先週末にカボチャに米ぬかの速成ボカシを撒布しましたが、その後台風の雨を経て、土の表層は土ボカシ状態になってます。
速成ボカシ撒布1 → 水神畑のボカシその後
ジュース状にした麹菌を添加したのだから当然かもしれませんが、散布後は米ぬかやイーストの香りだったのですが、今は土からかすかにコウジの香り、甘い香りがしてきます。また土の表面は小さな土壌動物がいっぱい出てきていました。

カボチャの蔓も伸びてきて、緑肥に絡まりそうになってます。
水神畑カボチャに緑肥マルチ開始1
そこで緑肥を刈り敷いて、敷き草(マルチ)にしました。
水神畑カボチャに緑肥マルチ開始2
この作業、たぶんあと半日遅れていたら、カボチャの巻きひげが緑肥に絡みついていたでしょう。

これで緑肥とカボチャの葉によって日陰になった地表ではさらに微生物と小動物の小さな生態系構築が進むことでしょう。地表に出来た生物活性の高い層全体がマルチになって、後発の雑草も抑えてくれると思います。

現在のカボチャの葉のサイズは直径30-35cmくらい。このままいって欲しい。40cm超えてくるようだと、芽かきしないといけなくなってしまう。標準的なカボチャの施肥は窒素成分15kg/10aくらい、うちはその4割くらいなのだけど、それでも若干多かったか。来年はさらに7がけにしよう。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。