豆畑の緑肥刈り

昨日、金時豆からちょうど刈り時だと言われたので、朝一で緑肥エンバクを刈り敷きました。
金時に呼ばれた 金時に刈り敷き1 金時に刈り敷き2
一面のエンバクのなかから、突然、豆畑出現。

たぶんもう1回刈り込む必要はありますが、これでエンバクが藁状に枯れると、丁寧に敷き藁をしたようになるでしょう。

エンバクの生長量から、エンバクは窒素成分で4kg/10aほどの窒素を吸収していると思われます。これで作付け前に施した尿素の窒素分はほぼ緑肥化している計算。緑肥のC/Nはおそらく15前後と思われるので、これで有機態の炭素60kgくらいを刈り敷きで還元したことになります。

炭素60kgということは、イネ科植物の炭素含有量30%とすれば、60/0.3=200kg/10aの有機物(乾物)ということ。
条間も考慮して生重量1000kg/10aの緑肥エンバクで水分80%とすると乾物は200kg/10a。まぁ、だいたい合っていそうですね。

尿素15kg/10aで、C/N15の有機肥料200kg/10aゲットです。

コメント

美しい~。来年はきっとこんな風に…なりたいものだ。あすなろ。
2012/06/14(木) 19:27:49 |URL|ばかぼんのパパ #- [編集]

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。