育苗の講義

土佐自然塾での講義2日目は育苗技術についてでした。良い苗とは栽培管理によって違います。一方で良い苗が栽培全体の設計が違えば、良くない苗にもなる。だから育苗の位置づけをしっかり持つことなしには望ましい苗の姿って決められないのです。栽培管理の全体像は、そこの土と栽培する品種によって決まってくるわけで、つまりその品種をその土壌でいつどのようにつくるのかという方針が栽培管理を決め、栽培管理の中に育苗が位置づけられる。まずはそんな話から入りました。
そして育苗管理上、外せない環境要因としての光、温度、水、空気・・・と1つ1つの注意事項やそれぞれの要素間の関係を解説しました。
またごく少しだけ、新ネタとしてMy農事暦の勧めと題して季節を円盤上に理解して栽培計画や地域の季節の進みを記載していくことの提案を入れてみました。地球暦も少しずつ講義に取り込みたいと思っています。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。