消火訓練

今日は地元の消防署の人が来て、消火訓練をしました。
消火訓練1
わ〜い、消防車だ〜っとわたわたはわくわくしていました。
同僚らに「何でそんなに嬉しそうなんですか?」って聞かれたのだけど、
「だって、消防車だよ、消防車。わ〜いっしょーぼーしゃーっ」と答えたわたわた。


訓練用消化器(消化剤ではなく水が出る)で消化器の使いかたを教えてもらいました。
消火訓練2

まず火災報知器がなったり、火事が発見されたら「火事だ〜っ」と叫んでみんなに知らせる。
火の元を見に行くときにも消火器を持って見に行く(日頃から消火器の場所を意識しておく)。

初期消火が可能そうであれば(建物内の場合は天井まで燃え移る前)、消火器を使う。

消火器の射程距離は3-5mなので、5m手前付近から噴射し、消しながら火の元へ近づくようにする。
風がある場合は風上から行う。
屋内の場合は逃げ道を確認してから事に当たる。

まずピンを抜く。
次にホースの先端付近を火の方へ向ける。
レバーを握って消化剤を噴射する。
(この順番を間違えると大変。ホースを構える前にレバーを握ると消化剤が地面に噴出し、自分に跳ね返ってきて何も見えなくなったり、パニックになりかねないので注意。)

噴射時間は15秒程度。噴射しながら火の元へ近づいていく。
もし複数の消化器がある場合には同時に行うと効果が高い。
消えなかったらとにかく逃げる。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。