月方位暦



地球暦に触発されて、地球からみた月の方位(約1年分)が分かる暦というのを考えて見た。月は地球の周りを回っていると言われているが、それは地球からみた話であって、宇宙から見たら、地球の周りを着かず離れず、太陽に対して前に後ろになりながら動いているように見えるのだ。地球の一日の移動距離は259.2万km/day。月と地球の距離は38万km 。地球が1日で動く距離の方が圧倒的に長い。円運動どころではなく、地球に引っ張られながら、蛇行しているような感じ。太陽からみたら、地球の外側を動くときは地球の移動速度がプラスされて速くなり、内側を動くときは原則されることになっている。

バイオダイナミック農法で重視される月がどの星座の方向にあるかというのも、この暦の月方位線を延ばせばだいたい分かる。上弦下弦のときに数日で一気にいくつかの星座を通過する理由も、季節によりその星座が変化する理由も分かる。これで天文シミュレーター使わなくても、花、葉、実、根の時期の判定ができる・・・かな?
これと地球暦を併用して惑星位置を勘案すれば完璧?

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。