研究者会議

28-29の2日間、有機農業参入促進会議が主催する「有機農業研究者会合2011」という研究会に参加してきました。有機農業に関わる研究をしている研究者と有機農家の事例報告とがセットになって、主に技術課題について情報交換していこうという集まりです。160人くらいの参加者でした。

学会のように大学や国・県、民間の研究機関だけでなく、農家のみなさんが多数参加されているのがポイント。研究報告も技術としてカッチリまとまったものではなく、現状報告・話題提供が主という感じでした。だから研究としてはそれなりに進んでいても、実際に農家への普及となるとこれから課題を拾いながら進めますということで、あまりかっこつけずに出しているなという感じを受けました。有機農業基本法では、有機農業技術は蓄積のある実践者と協力し合いながら、地域に合わせて作っていくことをうたっているので、そのコンセプトを具体化した集まり(全国版)の1つとも言えそうです。但し、研究者向けの専門用語も使う説明というか、その手の会議向けにつくったプレゼンの流用(?)があるので、会議のネーミングから言っても研究者向けの色合いは濃いかな。研究者に対して、県の普及に携わる人からは、高度な分析を前提にした技術だと現場対応が難しいといった意見が出されていろいろとやりとりがあり、こうした普及技術にする前段階からの議論を農家の前でオープンにやっていくことは大事なことだなと思いました。今までの価値観では、かっちり普及できる段階になるまではクローズドでやるべきだという考えもあっただろうし、農家も現実離れした役立たない研究をしているという批判をする風潮があったように思います。どちらも独りよがり。どんどん垣根がなくなってきているなと思いました。まぁ会議の趣旨から言えば、ここで現場を求める研究者と技術を求める農家との出会い、縁結びがあればいいなぁと思いました。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。