山へ帰っていった

今朝は寒かったけれど、日中は穏やかに晴れました。ちょっと風が強かった。
O圃場ライ麦播種ODC
最終のライ麦まきをしました。

麦まきのために畑へくると、やや遠くの空に鳥の群れ(?)を発見。
群れというより、たくさんの鳥がくるくると円を描きながら飛び回っている状態。
しだいに上昇しながら山の方へ向かっていきます。

なんだあれ?っとあっけにとられて写真を取り損ねました。

始めはムクドリやヒヨドリが集団になっているのかと思いましたが、大きい。
トビも集団で円を描くことがあるけど、数が多すぎる。
良くみると、それはカラスでした。

その群れが最初に飛び立ったと思われるところは、波田の水神社。
波田堰をつくったときに作られた神社で、田んぼの神さまが祭られていると聞きました。

田の神さまが冬になったので山へ帰っていったんだな、なるほど。
カラスということは、八咫烏(ヤタガラス)だから、熊野系の神さまか、八幡系の神さまかというところだろう。
波田にある山は、白山だから菊理媛神で、熊野系の山の神さまということかな。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。