第3回惑星会合その2

今日は2012年の惑星配置を見ながら、イベントの日程やその準備行程を整理しました。またチームちきゅうれきの地球チームで進めている「作物栽培を円盤化する」の進捗状況を報告しました。

今回も勉強になったのは、準備期間のとり方。わたわたもイベントや何か企画の日程を決めるのにその日の惑星配置や朔弦望・旧暦を使うことはあるけど、その準備期間をつかってその日に向かってチューニングしていくっていうのは経験がなかったです。土星(建設)と地球(現実)が120°の日をスタートにして、半分の丁度60°で告知して、イベント5日前に土地(どっち)結びで準備完了。本番は朔日の3惑星会合で新しい感性・喜びを表現する〜みたいなストーリー。準備を進めていくだけで自然と星の運行にバイオリズムがあっていくのだろうなと思います。
出版なんかは90°で組み立てていく方が良いのだろうけど、メンバーでやりとりしながら進めていく楽しいイベントは120°か。人の思惑とは関係のない星に照準を合わせることで、皆の心を同調させていくことができるのでしょう。う〜ん、地球暦は使えば使うほど面白い。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。