コミュニティガーデン

今回の農の会研究会のなかで、誰の発表だったか、「コミュニティガーデン」という言葉がありました。わたわたにかなり強烈に残ったので、備忘録も兼ねて書いておこうと思います。

今回、改めて認識したのは、農の持つ人と人をつなげ協同を生み出す本質的な効果。人のつながりが薄れ、地域に孤独な人を生み出す世の中にあって、農(食、自給、教育、自然)を接点にして、多様な分野での人の協同が自然に可能になるということです。

コミュニティガーデン、地域の庭、菜園。個々人が小さな区画で勝手にやる市民農園ではなく、共同農園です。
在り方、運営、栽培、周辺整備などを共同でやっていき、とれた野菜はみんなのもの。
地域の食糧自給率を高めるし、耕作放棄地対策にもなるし、市民参加型農業、食育効果、地域行事・レクレーション、健康づくり、ひとり暮らしのお年寄りの生き甲斐や安否確認、エコビレッジと地域コミュニティとの接点etc. その効果はたくさんありそう。

わたわたも何年か前、地区の隣組長をやったときに似たようなことを考えました。
スポーツ大会なんかではなく、何か日常的に取り組めるもの、隣組や町会(区)で共同事業をやったらいいんじゃないかなと。行政が音頭をとるのではなく、住民の住民による住民のための生活直結事業。それは共同農園とか食堂かな〜っと。区で畑を借りてみんなで耕作し、食材を分ける。絶対食べきれないくらい獲れる。売ってもお金にはならないけど、皆で食べるには十分過ぎるくらいとれる。今は皆お金で生活しているから賛同者はいないだろうけど、みんな定年して年金生活者ばかりになったら、こんなことでもしないと生活大変だし、寂しいからと出てくるんじゃないだろうか。

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。