信濃国三ノ宮の謎

信濃国一ノ宮は言わずも知れた諏訪大社。主祭神は建御名方神(たけみなかた)と妻神の八坂刀売神(やさかとめ)。下社の方はこの両神さまに加えて事代主神(ことしろぬし)である。事代主神と建御名方神は義兄弟でともに大国主神(おおくにぬし、出雲大社の祭神)の子ども。例大祭としては御柱がある。

二ノ宮は塩尻市北小野にある小野神社と境内を接して辰野町飛び地に立っている矢彦神社。小野神社の主祭神は建御名方神。矢彦神社は大国主神と事代主神。2つで1つのような神社。この二ノ宮2社、なぜ隣り合わせで2社あるのかにはいろいろと話があるらしい。大国主が国づくりをしていた頃、建御名方と事代主を従えて信州を訪れたことが、この2社が3神を祀るきっかけになったというから、諏訪大社よりも古い話ともとれる。どちらにしても諏訪系(出雲系)。こちらも例大祭として御柱がある。


さて三ノ宮は安曇野市穂高の穂高神社と松本市島立の沙田神社。

穂高神社の祭神は、穂高見神(ほたかみ)、綿津見神(わたつみ)、瓊瓊杵神(ににぎ)。
穂高見神は、綿津見神の子ども。綿津見神は海の神さまの一番偉い人(綿津見大神または大綿津見神)のことだろう。穂高神社の奥宮は上高地明神池にあり、嶺宮が穂高岳の山頂にある。安曇野というのは九州北部から瀬戸内海を拠点にしていた海の民・安曇一族が信州へ移り住んだときに付けた名前に由来しており、安曇一族が祀っていた綿津見神(海神)の子神とともに移り住んだのだろう。穂高見神の元々の名前は、宇都志日金析命(うつしひかなさく)で、穂高岳が気に入って、安曇入りに際して名前を変えたとも言われているようだ。
対馬にある海神神社(わたつみじんじゃ)から穂高岳へ直線を引くと、その延長線上に穂高神社がある。
例大祭は御船神事(お船祭り)。船をぶつけ合う勇ましい祭りで海神の伝統を引き継いでいる。

瓊瓊杵神(ににぎ)は、天照大神の孫で天孫降臨した神さまで神武天皇の曽祖父(=ひいおじいさん)。穂高神社には天照大神も別宮で祭られている。ちなみに瓊瓊杵神の妻は木花之開耶姫(このはなさくやひめ、富士山浅間神社の主祭神)だが、穂高神社には木花之開耶姫は祀られていない。

なぜ海神と瓊瓊杵神なのか。穂高だけをみていてもその意味は分からない。

そして同じ三ノ宮の沙田神社。沙田神社には謎が多い。
沙田神社の祭神は、彦火火見尊(=火遠理命、ほおり)、豊玉姫命(とよたまひめ)、沙土煮命(すいじに)。
火遠理命は稲穂の神・穀物の神で、瓊瓊杵神と木花之開耶姫の三男、つまり神武天皇のお祖父さん。
豊玉姫命は綿津見神の娘であり、火遠理命の妻神、つまり神武天皇のお祖母さん。
沙土煮命は神代七代の第一代の古い神さまで、女神であること以外に詳細は不明。この神さまを祀っているのは全国でもここだけらしい。3祭神の誰が中心なのかというと、神社の造りなどから見て、豊玉姫命らしい。
綿津見神と穂高見神は親子、綿津見神と豊玉姫命も親子なのだけど、穂高見神と豊玉姫命の関係は不明。豊玉姫には玉依姫という妹(神武天皇の母)がいるけれど、穂高見神はこの姉妹の兄あたりになるのだろうか。
いずれにしても沙田神社も穂高神社同様に海神系・天津神系である。

な・の・に、沙田神社の例大祭は御柱なのだ。御柱は諏訪系神社の祭り。なぜなのか。

沙田神社の御柱は6年に1回。ちなみに今年である。御柱は波田町(松本市波田)から引いていくことになっている。というのも、沙田神社はかつて波田にあったものを今の位置へ動かしたのだという。Web情報では波田町の鷺沢嶽というところに奥宮があるということだった。

しかし鷺沢嶽の地図上の位置はよく分からない。鷺沢というのは、波田白山の西側、波田町と旧安曇村との町村境から入る黒川林道の入り口付近の沢の名前なのだが、本当にその沢付近にある頂のことなのか不明である。
というのも、沙田神社にある記載では沙田神社の西11.25kmに奥宮があるという。鷺沢やその付近にある小さな山までは13kmあるのだ。11.25kmにあるのは鷺沢ではなく、波田白山の東側にある中沢である。
実際に御柱の木として切り出しているのはその10km付近にあるわたわたの家のごく近所の巨木であった。奥宮は実は波田白山東側の中沢上流にあるのではないだろうか。

波田には諏訪神社がある。諏訪神社の例大祭は毎年秋分の日前後。舞殿(ぶでん)と呼ばれる飾り付けをした山車を引く祭りが行われている。地元の人たちは山車(だし)とは言わず、舞殿と呼ぶ。中波田・下波田に2つの舞殿があり、それぞれに異なるお囃子をしながら、両地区を出発し、引き歩きながら諏訪神社前に集結し、ぶつかるギリギリ数センチまでピタリと寄せて神社前に並ぶ姿が見所である。異なるお囃子が掛け合うように流れ、かなり幻想的な感じになる。っと、やや脱線したが、舞殿というのは、普通は神社内に固定されたものを指すようで、山車を舞殿と呼ぶのは何か引っかかる。そして波田の諏訪神社では御柱祭がない。

本家の信濃国一ノ宮諏訪大社では、有名な御柱は6年に1回である。毎年の祭り(下社例大祭)にはなんと御舟祭がある。Wikipediaの解説ではいろいろ書いてあるが、「諏訪地域は海から遠く、なぜ舟が出てくるのか不明である。」となっていた。ところで御舟祭があるのは下社のみである。上社は建御名方神、下社は八坂刀売神という節もあり、御舟祭は八坂刀売神に関わりがあるのかもしれない。

さて穂高神社の御船神事(お船祭り)と諏訪大社の御舟祭。どちらもふねが出てくるが、穂高神社の祭りは荒々しい海を渡る海神の祭りであるのに対して、諏訪神社の御舟祭は神さまを運ぶ神事というもの。似ているような違うような偶然なのか、関わりがあるのか。

鍵は八坂刀売神。

一体どんな神さまなのだろう。建御名方神の妃神くらいしか情報がないなか、Wikipediaの一説には注目した。
「綿津見命の娘であり穂高見命の妹とする伝承もある」新潟県にある川合神社に記載があるという。

穂高見命の妹なら、穂高神社と諏訪大社は義兄弟みたいな関係になる。
どこにもない情報だけど、穂高見-八坂刀売-豊玉姫-玉依姫は兄妹ということではないかと思う。

つまり宇都志日金析(穂高見)を筆頭に安曇一族が信濃入りをする際に、八坂刀売も同行。

その少し前に、建御名方は、出雲での建御雷之(たけみかずち、鹿島神)との戦いに敗れ、諏訪に逃れてきていた。建御名方は、当てもなく逃げて諏訪へ来たのではなく、かつて父や兄とともに国づくり巡業のために訪れていた信濃を良く知っていたのだろう。
宇都志日金析は信濃入りすると、妹の八坂刀売を建御名方に嫁がせ、諏訪系の神々との親睦を図り、信濃の風土を学び、河川や山々、農業を治める術を習ったのだろう。同時に八坂刀売を通じて、諏訪へは海の伝統や技術も伝えられたのだろう。

建御名方神は農耕の神、製鉄の神、風の神である。海の民にとって、風の神を味方に付けることは必要なことだった。諏訪大社から南西(冬至の日の入りの方向)に線を引くと兵庫県にある海神社(わたつみじんじゃ)に当たる。このラインは海神社から見ると、夏至の太陽が諏訪大社から昇ることを意味している。綿津見神は娘の嫁いだ風の神の力が瀬戸内海の海の民にもたらされるようにその地に海神社を建てたのだろう。

一方、綿津見神は手元に残した豊玉姫を天孫の瓊瓊杵神の子、火遠理命に嫁がせ、その子どもの養育のために玉依姫も使わした(後にその子と結婚して神武天皇の母になる)。

なので、穂高見神は、妹の嫁ぎ先であり、出雲から国を譲り受けた瓊瓊杵神を自身や父神(綿津見神)を祀る神社に同格の神として祀ることにしたのが、穂高神社である。
穂高見神は日常の信濃国づくりでは諏訪の世話になっていることから、富士山(木花之開耶姫、瓊瓊杵神の妃で火遠理命の母)-諏訪大社(建御名方神・八坂刀売神)-を結ぶラインと、対馬の海神神社-穂高岳を結ぶラインの交点に穂高神社を構えたのだ。瓊瓊杵神に国を明け渡した出雲系の神を同格に迎えることはできないが、その位置で諏訪大神に最大限の配慮をしたのだろう。

そして豊玉姫と火遠理命とを祀る神社として沙田神社を波田の地に置いた。波田は昔の地名では波多であり、さらに昔は畠の荘、さらに畠は秦(はた)氏から来ている。秦氏の一族は百済か新羅かからの渡来人で、土木、建築、養蚕、牧畜、醸造などの技術を日本にもたらし、平安京を設計したと言われている。秦氏が歴史に登場するのは、神話と歴史が混ざっている時代よりもずっと後の話(平安時代)であるが、秦氏の流れを汲む人たちが信州で最初に住み着いた鷺沢辺りとされているので、それ以前から大陸文化を伝える人々と神々が日本に渡ってきて国づくりを手伝っていたとすれば、その一部が早くから信州にやって来ていたとすると一致しそうな話である。

大国主神の国づくりについても波の彼方からやって来た少彦名命(すくなびこな)が、国づくりに必要な医薬・温泉・禁厭(まじない)・穀物霊・知識・酒造・石に関わる技術をもって手伝ったとされており、出雲へ波の彼方からやってきた神というのは、後の秦氏につながる神さまだろう。

穂高見命は、国づくりを具体的に担ってきたのが出雲の神々・国津神であるという事情がよく分かっていたのだろう。しかし国津神から天津神へと国譲りがなされたことから、信濃国においても国津神から天津神が国を治めていくことを示していく立場となった。そこで国津神のつくった拠点の1つである畠の荘(波田)に、瓊瓊杵神の後継者である火遠理命と豊玉姫を祀る沙田神社つくったということではないだろうか。
そして同時に波田の地に諏訪神社を設け、八坂刀売を仲立ちに協力関係を築いてきた諏訪の神とのいっそうの和合を進めようとしたのだろう。つまり波田の沙田神社・諏訪神社は本来2つで1セットだったと考えられるのだ。

松本市里山辺の須々岐水神社(すすきがわじんじゃ)は、諏訪神社ではなく、土地(薄川)の産土神(うぶすがみ)を祭る神社だと思われるが、そこにはお船祭りがある。飾り付けられたお船を勢いよく引いて歩くスタイルなのだが、その船は「舞殿」とも呼ばれるらしい。舞殿だがその上でのお囃子はないらしい。このスタイル、お船(穂高系)とお舟(諏訪系)の中間に見える。穂高から諏訪へ「ふね」の祭りが伝わった際の原形なのかもしれない。

これと同じように、波田諏訪神社の「舞殿」は、おそらく本来は御舟祭(中間型)なのだ。お囃子を奉納し、2つの舞殿がぶつかるかぶつからないかを見守るはらはら感を味わいながら、諏訪大神さまへの収穫の感謝を捧げているのだろう。そこにもし今も豊玉姫を祀る沙田神社があれば、御舟祭があっても何も違和感はなかっただろう。
そして諏訪神社なのだから、御柱があっても当然の祭りであっただろう。

沙田神社・諏訪神社が2つに分かれる際に、沙田神社へ御柱が、諏訪神社に御舟祭が残る形で分かれたのだろう。
そこで祭神と祭りのスタイルとのちぐはぐが生じたというのが、わたわたの推察の結論である。

信濃国三ノ宮の物語を考えてみると、この国や信濃国の国づくりの物語が垣間見れるように思える。
遠く西方の権力争いに配慮しつつも、多様な文化・人々を受け入れ、現実の国づくり、治水治山や、農業、産業、民の幸せのために神々の融合を図ってきたのが信濃国の風土と言えそうである。長野県もかつて分県が議論されたこともあるが、結局は「信濃国」として1つに収まった歴史がある。
つながりを大切にし、ともにある生き方・暮らし方を大事とするのだ。今、最も必要なことではなかろうか。

波田町には、沙田神社に協力して、御柱の木を提供しているつながりが残っているが、ほとんどそれがどういう経緯で、具体的に誰がどのようにつながっているのかを知らない。わたわたも含め、この地に新たに住み着いた人間には皆目分からない。御柱は6年に1回であり、このまま行けば代替わりとともに完全に切れてしまうことだろう。

そこで考えた。
6年の間隔のちょうど真ん中の年に、植樹祭をやったらどうだろう。6年ごとに。そうすれば3年ごとに御柱と植樹祭が巡ってくる。そして30年たつと最初に植樹した木が御柱になる。30年は土星1周。1世代の目安であり、代々伝えていく行事としては良いサイクルだろう。そしてこれを波田諏訪神社の責任で行っていく。沙田神社は波田諏訪神社の代わりに御柱をしているのであり、波田の秋祭り(御舟)へは沙田から何らかの奉献があって良いだろう。

その他、波田諏訪神社の位置には、春分には筑波山、夏至や冬至には四柱神社や天岩戸神社、鋸山などと関わりがありそうなのであるが、これらを考慮して、祭り(祀り)の意味を見いだし、再認識に応じて新しく創造していったら、面白いし、この地にともに生きることを地域のみんなが認識する日ということになって、それこそ神さまたちが人間を通して表現したかったコトになると思うのだった。

---

そういえば、来月出雲へ出張で出かけるが、宿泊する場所は雲南市掛合町波多という地名だった。
偶然なのかな(笑)。

コメント

いえいえ、偶然なんかじゃありません。必ず何か起こるので、お土産話、楽しみにしております。
2011/09/20(火) 11:09:41 |URL|どひ #- [編集]

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。