苦土苦土

Happy village farmのゆめみそらトマトを育てている平林畑(ハウス)の土壌化学性の分析結果が出て来ました。
ついに!苦土(マグネシウム)含量が基準域に入ってきました。
この畑は借りた当時から石灰過剰&苦土欠乏の困った畑で、ハウスを建てる前の1年目は大豆を作付けたものの、三分の一が枯れてしまった畑だったのです。
平林3-14年      平林3-17年
(左)枯れた時のデータ → (右)今回(2/17サンプリング)の分析データ

相変わらずpHは高く、石灰も過剰は続いているけれど、苦土がしっかり付いてきたのが分かります。
ここまでの苦土の推移をグラフにするとこんな感じ。
平林3推移
一般的にはキーゼライト(硫酸マグネシウム)で改良すべきところなのだが、なぜかこの畑はキーゼライトを施しても苦土が増えなかったのです。ハウスを建てた後、腐植酸資材を毎作毎作入れてきたのだけど、そうしたら、少しずつ苦土が増えてきたのです。腐植酸資材からも苦土は入るのだけれど、この増え方が説明できる量ではなく、むしろ最初に投入したキーゼライトの苦土はこれを説明できる量だったりします(2me分くらい入れているので)。
腐植酸が入ることで、緩衝作用が変化したのかもしれないなぁと考えています。
スポンサーサイト

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。