表現することの本当の本当

明日から2日間、わたわたが参加している「信州ぷ組」の農業技術交換会が開かれます。
12744123_986225848122976_2477417288794709039_n.jpg
この会はぷ組員の農業技術の情報交換の場であり、相互に経験や課題を共有しようという勉強会です。毎年5〜6名がここ数年の取り組みや課題をテーマを決めて発表し、さらに前年夏〜秋に行われた圃場の相互視察会の記録映像を皆で観て、自分や仲間の田畑の状況を想いながらツッコミやアドバイスをし合います。農業者は経営者であり、労働者であり、技術者でもあるわけで、その技術者側面を補い合っていこうというわけです。

一ヶ月ほど前には、「信州ぷ組経営ビジョン発表会」っていうのもやっています。これは営農の経営者側面からの各々の方向性を発表する場であり、そもそもどんな想いで農業を始めたのか、どう展開していきたいのかといった夢や希望を具体化するために自分の中にあるものをアウトプットする勉強会。
これに対して技術交換会は
「じゃ、具体的には何をどうやってんの?」
「自分的には現状をどう捉えていて、今後はどうしていきたいの?」
ってところを発表する場です。

分かっているようで表現しようとすると難しい「自分の理解している自分」のこと。数年に1回のサイクルで発表が回ってきますが、その機会に向き合って整理してみることは、技術者として冷静に自分の経営や軌跡を客観視するということになるのだと思います。また仲間のそうした取り組みを見て、その切り口を知ることで、自らの振り返りの参考になってきています。

前年の視察会記録を観ての検討会は、映っている一人一人が主役です。この視察会自体も○○生産組合とか部会、何とか農法とか何とか栽培とかの指導会ではなく、ぷ組員が可能な範囲で自分の畑以外も視察に行き、品目や地域、出荷先等がかさなっていなくても、お互いに説明しあうことで現状を自分がどう捉えているのかを知る機会になり、皆のアドバイスや視点を貰える機会になると考えて運営してます。映像を見ると、確かに、あの日あの時このシーンでこの会話をした・・・・シーズンの記憶が蘇ります。一人ひとりにかけられる時間はわずかですが、前シーズンの映像をみてから、今年度の栽培をスタートできることは大きいと思うのです。

わたわたは発表者の資料やプレゼンの取りまとめと記録映像の編集とを毎年やらせていただいています。発表のテーマの絞り方、その内容、年々レベルが上がっています。ホントにどこまで行くんだこの人たちです。映像を編集していて思うのは、自分の畑や作物について皆が説明が分かりやすくなってきていること。それにともなって作物が生き生きしてきているなということです。人も土も相まって育っていくってことですね。作物を育て、自分も育てられ。そんなのが伝わってくるのが嬉しいなと思うのです。

わたわたはこんな風に技術交換会を捉えていますが、ぷ組員全員が必ずしも同じ捉え方ではないだろうし、参加しないぷ組員もいます。映像編集している時に同時に参加者募集もしているので、今編集している視察先の本人が不参加だってことも分かるのです。せっかく編集しても本人が観ることはなく、本人の参考になって欲しいのになぁって思うこともあります。だって本当にその人のその時が映っており、そこでの会話って映像でもなければその時だけで失われてしまうもの。シーズン入りを前に、現場で作物を観て話をしている場面を思い出すってのは大事だろうと思うのです。

で、も、ね。

その人が参加しないからって、編集を軽くやってしまおうって気には全くならないのです。本人が観なくても、わたわたはガッツリ編集やって、誰々圃場はこうでしたよっいう刻印はしっかり残したい。自然にそう思える。そして誰かがそれを観たというシーンが明日そこに生じれば良いと考えています。

たとえ物理的に本人が観ていなくても、誰かが形にしたもの、伝えたい心を具体的な物事として表現したもの、心の入った作品というのは、時空間に伝わっていき、縁(情報)の糸になるのです。それは映っている本人が観なくてもいい。形にすることの本当の本当の意味は、何時か何処かの誰かに何かを結びつける糸を生み出すことなのかなと思うのです。記録映像だけじゃなく、発表者の発表もしかり。まとめるのは自分の振り返りになり、自分の今いる位置を見出すことになるってのは当然だけど、本当の本当はそこじゃない。意志があれば誰にも見せることなく、計画立てて実行して検証して改善するっていうのはできる。でも誰かに向けて表現することの本当の本当は自分の考えている自分のためなんじゃなくて、世のため人のためでもなく、言ってみればこの宇宙を存在させるため。誰かと誰か、何かと何かが響きあうから、世界が存在している。表現するっていうのは、理由はいらなくて、ただ素直に世界に向き合ったら自然に出てくるもの。そんな風に思います。

カボチャの選抜&たねとり

わた家では春が近づいてくると、貯蔵しておいたカボチャのたねとりが忙しくなります。純粋な調査だと10個も20個も同時に切って、果実の味を確認してたねとりする個体を選ぶのですが、そこは自家用自給用を兼ねているので、1つ1つ味見をしつつ、前のより良いとか劣るとか判断しています。いきなり料理に使うのではなく、一部を蒸かして、味付けなしで味見し、選ぶのです。
IMG_0973.jpg
写真はHappy village farmのオリジナル品種「福ちゃん」と自然農法センターの「カンリー2号」を掛け合わせたものの1つ。カンリー2号はF1品種、福ちゃんは固定種なので、福ちゃんベースでいろんな個体が出現してきましたが、そのなかで小ぶりでずしりとしていたものを選んでおいたものです(花粉は袋がけして自殖させてあります)。この時期でも粉質をそこそこ保っており、果実は小さいけれど、果肉が厚く、加熱した時の果肉色は橙色。とっても甘い。いいです。とりあえず採種対象にしました。

果肉に厚みがあって、味もよく、たねが大きくてたくさん入っていて、日持ちが良いっていうことは、いいことづくめのようですが、こういう個体は果実が大きくなりにくいか、とっても晩生or着果位置が高くなることが多いのです。こんな風にいろんな角度から考えてながら選んでいます。

トマトの鉢上げ

旧暦師走朔日(1月10日)にタネまきしたゆめみそらトマトを鉢上げしました。一昨日と昨日と信州ぷ組の土壌診断合宿で留守にしていましたが、ハウスは閉めに来たり開けに来たりと行ったり来たりしていました。うちのハウスの前の道は奥は車両進入できない細道になっているのですが、道が細くなる直前に小さな社があります。特徴のある木が3本生えていて、農地を借りた時からずっと気になっていたのですが、ある時隣の農家さんが権現様と呼んでいるのを聞いて、よ〜っく鳥居をみると、白山神社と書いてあるのでした。この社は地図にも載っていないので、この地区の氏神さまなのかなとも思います。うちの畑もこの社の横を流れる用水の水を引き入れて使っており、その用水の水も元を辿ると、波田白山から流れ出る「中沢川」と「黒川」の水。地元の山の神さまを田の神、家々の神さまとして御迎えしているのかなと思っていました。そして昨日は祭事の旗が立っており、白山菊理大権現の文字が。お詣りし、トマトを鉢上げするとご報告しました。権現様、今年もトマトをよろしくお願いします。
IMG_0952.jpg
っというわけでトマトの鉢上げです。
IMG_0961.jpg IMG_0960.jpg
ややバラつきもありますが、288穴で発芽から一月、概ねイメージ通りの根張りが出来ていましたこれを6cmポットに鉢上げしました。

こちらは立春(師走26日)に播種した育種系統群。今年は48系統あります。
IMG_0963.jpg
ミニトマトの1系統が他よりも早く発芽しています。1月に播いたときよりもずっと設定温度を低くしており、この系統はおそらく低温でも発芽できるのでしょう。以前ヨーロッパの品種をつくったときに、やはりこれと同じ現象をみたことがあるので、低温発芽性って遺伝因子があるのでしょうね。こういうのは育苗のときにしか見えない形質なので、しっかりチェックです。

思いを馳せる

育種ハウスで今年栽培する系統を選んでいる。昨年も40系統くらいを栽培し、今年に向けて選抜をした。昨年で中止にしたものもあるし、採種はしたけれど、優先順をつけていくと、取りやめにしてしまう系統など色々出てくる。そんな風に多数の系統を吟味するなかでファーストトマトについて考えている。
IMG_9570.jpg
昨年、ファーストトマトにはそこそこの株数を割いたが、どうも良いものが出た感触が薄い。もちろん夏秋栽培に適していないことは分かっているけれど、それでも何か止めてしまおうって気にはならない。何かまだ見えていないものが隠れているような、何かに気づく鍵があるのかもしれない、漠然とそんな気がするのだ。

その昔、兵庫県で行われた自家採種に関わる会合で、兵庫県の方から、兵庫のトマト在来種「オランダ」が愛知ファーストの元になった品種と兵庫県の方から聴いたことがある。兵庫県の在来種を紹介したwebサイトによると摂津の農家で栽培されていた「トライアンフ」(オランダと同種異名)という品種が昭和11年に愛知県豊橋市にもたらされ、改良されて昭和13年にファーストトマトと命名されたという。「オランダ」兵庫県でググると、伊丹市で今でもオランダを栽培し、直売している人のリポートなどが見つかる。いくつかのweb記事から見える兵庫県で栽培されている「オランダ」は、果実、茎葉の感じも愛知ファーストにそっくりなので、この話は本当だろうなと思う。ちなみに伊丹市での栽培は露地栽培。

ここまでは良い。しかし「オランダ」あるいは「トライアンフ」ってなんだろうと思って更に調べると、なかなか難しいのだ。オランダっていうのは舶来のものという意味らしいので、来歴を辿るヒントになるのは「トライアンフ」なのだが、triumphで検索すると、bulgarian triumphに行き当たる。ブルガリアの在来種? いくつかの海外の種苗サイトをみたが、写真によっては果実の子室構造なんかは似ているけど、葉の形状や花房の付き方はだいぶ異なるものが多い。果実の大きさ60-150gで果皮色は赤らしい。ファーストは濃桃色なので別品種のように見える。赤果皮ものも桃色系と交雑すれば2年で桃色は分離はしてくるかもしれないが、いきなり品種にはならないから、兵庫のトライアンフはbulgarian triumphではないのかもしれない。

もっともbulgarian triumph自体もブルガリアから直接世界に広がったのではなく、アメリカに渡った移民が持って行ったものが、アメリカの園芸家に紹介されたものだという説明もあった。兵庫の「オランダ」が欧州から来た品種なのか、アメリカから来た品種なのかは分からない。アメリカから来た品種にbulgarian triumphも入っていたのかもしれない。そして農作物によくあるのは、トライアンフという名前だけが異品種に移ってしまうという現象。「ササゲ」という名前でインゲンや本物のササゲがあるのと同じ。また多種類の品種が同居していれば交雑や取り違えも起こり得る。当時摂津周辺で栽培されていた「オランダ」(という名前だが、複数の品種が混ざっていた可能性あり)のなかに、交雑や取違えにより「トライアンフ」という名前になった濃桃色系統があり、それが豊橋に導入され、2年ほどかけて温室栽培に適した系統が選抜されファーストが誕生したということなのかもしれない。

舶来の「オランダ」トマトの正体はなんだろう。いくつかのwebサイトではファーストトマトの来歴について、アメリカから導入されたポンデローザから選抜されたとある。確かに果実は似ているのでそうかもしれない。アメリカから導入された「オランダ」っていうのも何か引っかかるものもあるが。ところで当時(昭和10年・1935年頃、第二次世界大戦前の大正デモクラシーの時代)アメリカから導入されたポンデローザって今入手できるポンテローザ(今はなぜか濁点がなくなっている)と同じなのかは不明なのだ。
というのも、Ponderosa っていうのは、アメリカのシードセイバーズエクスチェンジのwebサイトの記載によると1891年に育成されたとある。またredって付いているが、本当の果皮色は不明。もともとPonderosa scarletとして知られていたものだとも書いてあるので、実際はもっと古くからあった品種らしい。古い品種が広がる過程で多様なタイプ、選抜系が生じていたとも想像される。そのなかのどれか1つだけが導入されたっていうよりは、Ponderosa品種群が入ってきたと考えた方が自然だろう。

そもそもponderosaって1891年以前は何だったのだろう。名前から想像されるのは、ponderosa → pomme de rose、フランス語でバラのリンゴ。もしくはピンクのリンゴという意味になる。もともとフランス語のトマトはpomme d'amour(愛のリンゴ)だから、その桃色果色系統をpomme de roseと呼び、それが訛ってponderosaになったのかもしれない。もしそうならフランスから導入されたものか、フランスからの移民がアメリカに持ち込んだ品種が元なのかもしれない。
シードセイバーズエクスチェンジの他のトマト品種の記載でも、18世紀から存在するものは多数あり、また移民が持ってきたものも多数ある。ponderosaもtriumphもこの時代に出会っていて、一緒に日本にやってきたというストーリーはどうだろう。推察の推察でお伽話だが、トマトは18世紀から19世紀にかけてアメリカで多様な品種、実用的な品種が急速に生まれており、それは欧州から持ち込まれた品種が新天地に適応したためであり、その変異の拡大は、異品種の出会い・交雑に由来するであろうことは想像に難くない。これはキャベツでも同じようなことが起きている。サクセッションキャベツはアメリカ生まれなのだ。

ファーストトマトの来歴の物語を辿って行くことは、知識にはなるが栽培や育種にすぐに役立つものではないという考えもあるかもしれない。
しかし、わたわたは考える。ファーストトマトが今その姿であることは、その奥に連なっているものとともに表現されているのだと。
そこへのリスペクトがあって、その品種・系統の本質に迫れるし、栽培も育種も奥にあるものからのヒントが導けるのだろう。
「知」とは、矢と祝詞のこと。物事の本質を突き、そのものを生かすこと・真摯に向き合うこと・その存在を知らしめる誓いのことなのだ。果実に説得力が出るっていうと意味分からないけれど、背景を知っている人の言葉には重みがあるっていうのと同じじゃないかなと思うのだ。そもそも何故私たちは経緯を求めるのか、知るということの本質は、今をどう観るか、どう表現していくか、今どうあるのが自然なのか、っと、自分の世の中に対する向き合い方の芯(内なる自然)を立てたいということにあるように思うのだ。

神話を知って星にイメージが湧くように、マテリア・メディカのイメージを知って症状や人柄からシミリマムが思い当たるように、物事の物語を知ることは過去に時空間に放たれた試行錯誤の波、あるいは関係を結ばれた縁の糸に思いを馳せ、今が何であるのかを浮かび上がらせていくってことなんだと思う。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ