はじまりはいつも雨

神無月8日上弦。この季節の信州松本にしては珍しく2日続きの雨。

雨は子どもの頃、ずっと不思議だった。雨はどこから来るのかなと。
のちに、知識として、水の循環のことを知った。
氷の小さな粒が雲をつくることや雨雲のこと、調べるとそれはとても面白い世界。

でも、その時に思った。
そのことは、ずっと前から知っていたことだな、と。
雲の種類や雨のでき方も、後々学んだ大気汚染の取り込まれる仕組みも、どんなに複雑な話も、それは確認みたいなもの。

そして、知りたいのは、雨が水であるってことじゃなくて、雨って何なのだろうってことだと思った。

何か、空を廻っているもの。
めぐりめぐって降りてくるもの。

雨は、めぐりの終わりでめぐりの始まり。

想いや言葉、発した声、喜びや希望や怒りや哀しみや恐れや夢や慈しみが空をめぐっている。
雨になって還ってくる。
だから、お帰りなさいなんだな。
意義じゃなくて意味づけもなくて、ただただそのようになっているんだな。

そうやってめぐる想いや行いの、行ってきますとお帰りのなかで、
僕や君のどんな軌跡もまた空を廻って戻ってくるを繰り返し、終わりが始まり。
はじまりはいつも雨。
それは思い出すための時間。

僕たちに出来ることは終わりなきめぐりに自らのあることを知るということ。
それが本当の本来の智慧。
それは良い悪いではなく、自らがそこにあると見出すための働きがヒトを人たらしめている。
智慧の実。
人だから、思考をもつようにできているから、世界にどんな意味でも人生にどんな意義でもつくりだせる。
世界はただ廻るだけだけれど、意味のない人生はないように出来ている。だって人だから。

何かをして得られるものが目的なんじゃなく、何かをすること、悩むことも悩まないことも、人らしくあることが人の生きる目的ともいえる。
ただ廻る世界を愛と言っても良いし、そのなかで喜怒哀楽をもって人という存在があることを愛と言ってもいい。
前者は世界が存在すること自体の奇跡のことであろうし、後者は人の軌跡が縁となって人生を紡いでいく幸いの仕組みのことである。

♪「はじまりはいつも雨」ってASKAの歌があったなって思い出して、検索したら、そのカップリング曲が今日に合うなって思った。You Tubeさまさまだね。この歌の僕と君は、飛鳥さんと誰かのことじゃないね。自分のなかの僕と君でもいいし、コロコロ入れ替わってもいい。空(そら)とか地球と思ってもいいよね。

スポンサーサイト

うちコマツナ

わた家のコマツナ(自家用)。品種は「菜々美」(タキイ種苗)です。
ネットもかけてない完全無農薬ですが、EC120μS/cmのカボチャ跡地土壌でジーっくり育つためか、ほとんど害虫が着かないのです。寒さとともに味が乗ってきています。
わた家のコマツナ1
じっくり自力で地力を引き出して育ったコマツナの特徴は葉が厚く、しなやかです。
曲げてもぱきっと折れないです。
曲げても折れない
ここまで丈夫だと、炒めても縮まない。
炒めても縮まない
今日は、炒めてから煮込んでみました。
(長崎ちゃんぽんは土肥さんの九州土産です。ありがとうございます。)
長崎ちゃんぽん
煮ても、葉っぱがそのまま。
煮込んでもそのまま
味は、海苔のような風味がありました。
ラーメンにも合いそうですが、餅菜としても良さそうです。年越しまで畑に一部残したいです。

猿に遭遇

今日は雨降りの一日でした。家からちょっと坂道を下ったところで、猿に遭遇。道路を向こうから歩いてくる・・・・。
車を止めて様子を見ていると、橫にそれて民家の庭に入っていきました。そして何やら大根の葉をむしって口に運んでいる仕草をしていました。
「猿が大根の葉を食べるのかな?」そう思ってよく見ると、大根の葉で口の周りをぬぐっていました。
猿に遭遇
大根の葉で口の周りを掃除!?
それはもう手慣れた感じでした。こっちを見たので、わたわたが見ていることも分かっているようでしたが、何食わぬ顔で、口の周りを何度か拭うと、とことこと奥の森に入っていきました。
柿か何かを食べて来て、ここで口を綺麗にして山に戻るっってことなのかな。完全にテリトリーにあるものを使いこなしている感じ。うーん・・・・

はなまめ

今日はみんなの野菜畑の今年度最終作業で、畑の片付け、花豆の収穫と脱穀、9条ネギ収穫をしました。
花豆の脱穀
ぽかぽか暖かい日だまりでパキパキと手作業で脱穀の図。わたわた、途中、何度か寝落ちしました^^;
花豆141124
美味しそうな花豆&白花豆。白花豆はスープ煮にすると美味しいのです。

それから九条葱を収穫。草に埋もれてしまいましたが、たくましく育ってくれました。
九条葱収穫

勤労感謝

今日は勤労感謝の日。勤労っていうのは労働と似たような言葉だけど、「心身を働かせて仕事に励むこと」(大辞林)っていう概念があるから、より積極的に喜んで働くって意味なのだろう。英語だと勤労はworkまたはlabor、労働はlaborで、workはわーくわく取り組むってことかもしれない(駄洒落かい)。働くことに喜びがあるのは、それがお金になるとか、それそのものが私的に好きであるとかいろいろ状況はあるかもしれないが、お金にしても趣味の延長にしても、その更に根源には、社会におけるその人の役割(ニッチ)があって、ニッチを感じとれること、人や自然との絆のなかに自らを置くことができ、それが自らの生存にちゃんとつながっていることが確認できるときに喜びになるのだろう。それが端的に表れるのがお金であろうし、労をいとわずに働くことになるのだろうと思うのです。

ということで、今日はダイコンを洗って、漬け物をつくる準備をしました。これってまさに勤労ですね。
漬け物は乳酸発酵させるわたわた漬け。
ダイコン洗い
三浦大根(水神三浦、龍神三浦2号)を洗って、数日干し、米糠、塩と昨年のわたわた漬けにつかった糠を戻し入れして漬ける予定です。漬けるところはまたブログで紹介予定。

勤労感謝の日は、元々は新嘗祭、すなわち新穀に感謝するお祭なのでした。
ダイコンパエリア 炊きます
というわけで、新米と最後のトマト、出盛りの紅くるり大根でつくる赤いパエリアを作りました。野菜のみだけど、トマトの旨味たっぷりです。例によって出来上がりの写真を撮らずに食べてしまった(^^;

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。