ジャガイモの掘り採り準備

明日は公民館講座でジャガイモ堀りもやるので、ジャガイモ収穫の準備で、掘り出し易いように準備をしました。
ジャガイモ掘り採り準備 ジャガイモ掘り採り
プラソイラの反転爪を外して、イモの下をブロードが通るだけにしました。これで軽く土を崩すとイモが掘れます。狙い通りです。

植え付けのとき(4/17)に、タネイモとタネイモの間においたボカシが土の中で土ボカシに。
土中土ぼかし
イモの周囲は団粒化のすすんだ良い土になっていました。やっぱり単群落をつくれるだけ茂る作物って育土効果があるなぁとあらためて実感。

ダイズの草刈り

ここは中耕培土でダイズを優先させていこうと目論んでいた自農センターのダイズ畑。雑草が出過ぎ、作業も遅れて草刈りで対応することにしました。
ダイズの草刈り
とりあえず条間の草をを低く削ったところ。あとは少し手取りするかな。

カレンジュラの味?

自家採種のカレンジュラ。花弁の味を株ごとに食べてみると、味が違うことを発見。当たり前と言えば当たり前だけど。
カレンジュラ
中央が淡緑色の個体はほのかに甘い。オレンジの濃いものはちょっと苦い。っっといろいろ見ていると、喉がヒリヒリしてきた。食べ過ぎ注意かもしれない。

やまくらげ

今年はステムレタス(アスパラガスレタス)の苗をもらったので、少しだけ庭の空いたところにつくりました。せっかくなので、乾物(やまくらげ)に加工してみることにします。
やまくらげ1
作り方は、皮をむいて4つ割にして干すだけ。
やまくらげ2
干す前と干した後の比較。カンピョウみたいに細くなってしまいます。

試しに車で干してみることに。
やまくらげ3

コムギ脱穀

昨日と今日の2日間でコムギを脱穀しました。脱穀機にかけて、唐箕でゴミを飛ばします。
10406994_700674596692054_5968568608888775187_n.jpg 10492080_700674630025384_2901682883723236744_n.jpg
3畝くらいで100kgくらいとれました。小麦粉も少し自給できそうです。

麦藁はトマトハウスに敷き藁にしようと思います。稲藁よりも硬くC/Nも高いので、敷き藁に使ってもべったりしにくく、トマトには合っているように思われます。

脱穀していると麦の間からゴミムシが出てきます。干している間に藁の間に入ってきていたのでしょう。その畑でとれた藁はその畑の生き物と相性が良いということなのでしょう。藁を自給することは、その畑に固有の循環をつくっていくのに貢献すると思います。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ