発芽から学ぶこと

直播したカボチャの発芽をチェック。F1品種の「なかふく」はいい発芽をしているが、バターナッツや固定系統の一部に不発芽のところがあったり、マルチに空けた穴の縁に出たり、さらにマルチ内に発芽してしまって溶けたりしているものが散見された。
カボチャ発芽不安定140530-1 カボチャ発芽不安定140530-3
また発芽しているものも、葉縁がボロボロだったり、生育も弱々しいものが結構ある。これはどうしてだろうか?
カボチャ発芽不安定140530-2
こういう現象に出会ったら、追い播きするのはもちろんだけど、あー発芽が悪かったんだなで終わらせるのではなく、原因を探るべきと思うのだ。

わたわたの見立てでは、播種深度が深すぎる(=覆土が厚すぎる)ことが原因と考えられた。

穴の縁に発芽するということは、雨で湿った土が重くて持ち上げられないので、マルチのかかっている比較的柔らかさを保っている部分へ芽が逃げるように発芽したということ。そしてマルチ下に発芽すると、マルチ下の高温や蒸れでやられてしまう。
発芽までに時間がかかると、土の中でトビムシやカビなどの攻撃を長く受ける。葉の縁が食べられたり、融かされる。長い距離を伸びて発芽しなければならないから、消耗も多い。深いので酸欠で根伸びも悪くなり、さらに発芽に時間がかかってしまう・・・といった悪循環に陥る。
といった発芽状況であったことが推定されるのだ。

葉の縁がボロボロになっているところではトビムシがたくさんいた。発芽しなかった穴を掘り返してみると、胚軸は土の中にあるが生長点がなくなっているもの、発芽しかけて溶けてしまっているものがあった。
カボチャ発芽不安定140530-4
バターナッツなどにとっては、今回の播種位置は発芽には深すぎたということだろう。もちろん発芽中にあった激しい降雨で土が突然重たくなったこともあるだろう。しかしF1なかふくがちゃんと発芽しているところをみると、品種・系統の能力に対して、今回の環境条件は過酷だったと言えるだろう。

固定系統やタネが小さいものほど細やかな条件が要求される。これらの系統にとっては、3粒まきでタネまきするときのタネ間の距離はほどほどに近づけた方が良さそうだ(協力しあって発芽できる)。また3粒を並べる向きも同じ向きに直線に並べた方が土をどけるには有利かもしれない。

現場の作物、自然のさまから農法を組み立てること。それが自然農法なのだと思う。マルチをつかうとか、使わないとかの手法の違いで区別するのではなく、マルチ栽培のなかでも発芽には発芽の現象があり、そこに働いている自然の仕組み、道理がある。現場から「どおりで」を見出して、自らのフォームをチェック、技能・技術に反映させていくこと。作物の生きる力を高める方向に応用すること、その繰り返し、細かな積み上げが“自然農法”のポイントなのだと思う。

どんな手法で取り組む農業であれ、そこで育つ生き物は自らの命で生き、そこには自然がある。人為も含めて生き物たちの働き合いがあり、土(生態系)が形成されていく。シンプルに考えたら、そこから農のあり方を考えるのは、すべての農の基本であろう。その自然から技能・応用技術を見出して営農に反映させていく取り組みを自認するならば、それが自然農法であり、作物の本質を捉え、共有していこうとするならば、農業生物学ということになるのではないかと思うのだ。
スポンサーサイト

トマト定植

ついにHappy village farmのトマトを定植しました。まだ誘引線も準備していないし、かん水設備もこれからだけど、苗を引っ張るのも限界なので定植に踏み切りました。ちょうど第一花房が開花し始めたところであり、それほど老化苗でもないのでが、それは3回の移植により、じっくり生育させてきたからで、根は分岐を繰り返し、細かな根ばかりになっています。
トマト定植140529-2 トマト定植140529
この状態で着果肥大を開始させてしまうと、太い直根が十分に伸びず、本圃でも育苗の続きのような細かい根ばかりになり、品質はいいけど木ができず、生理落花も多くなってしまうので、直根を伸ばすべく、少しでも早く植えるのが良いと思われるのです。また同じ理由から窒素成分5〜6kg/10aを有機凛々堆肥で施肥し、直根の発生を促しています。活着後の葉色を見て、自家製の生ごみチップ入りEMボカシの表層施用も検討していく予定。

第一花房の着果数は、チャック果などの奇形果を見極めつつ2果に制限。あとの整枝管理としては、植え付けた苗の半分については、第一花房の上葉2枚で摘心し、第一花房直下の側枝を主枝として誘引します。無理に第2花房をつけさせるよりも、葉を2枚多くつけることのできる側枝を伸ばすようにする予定。

栽培はこれからが本番。まだ2棟目、3棟目のハウス建設も続きますが、一先ず一段落。
思えば雨水に播種したトマト苗。もう小満過ぎてますから、1年の四分の一以上苗だったというわけですね(^_^;

1棟目ほぼ完成

ハウス1棟目がほぼ完成。明日、早速トマトを定植します。
1554346_10201206392721360_2810336678766256390_n.jpg
まだまだ2棟目、3棟目もあるし、誘引設備、かん水設備の設置もまだだけど、苗が限界なので、とにかく植えます!

ナス科な作業日

今日はナスの植え付けとジャガイモの中耕培土をやりました。
ナス定植 ナス定植2
今年は育苗がばっちりで、良い苗ができました。微生物資材と魚液肥をどぶ漬けしてから定植します。

ジャガイモは生育良好。
ジャガイモ土寄せ
これで培土も終わり。収穫まであと2ヶ月。しっかりと茂ってもらいましょう。

パノラマ展示圃場。
梅雨の晴れ間風
小麦の緑色が綺麗です。

種まき実習の結果

5/10に市民講座で実習した小松菜の種まき。その後の様子。
市民講座わたわたお手本まき 市民講座ちょっと播きすぎ
左はわたわたのお手本まき。 右はそれを見てから播いてもらったもの。
播きすぎでんがな(´・ω・`)

間引きたいところなれど、
市民講座立ち枯れ注意
こなれてない土の畑なので、立ち枯れ発生の危険性もあり、もう少し後に間引きの方がいいかな。

とりあえず条間を軽く中耕除草。
市民講座中耕除草
発芽しかけの雑草をくじき、土に空気を入れて、根張りを良くなるようにします。
市民講座中耕後
こんな感じに仕上がりました。

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。