トマトピューレ

調理用トマトをトマトピューレにします。湯むきしてから煮ました。サンマルツァーノやわたわたクッキングトマトなどまぜまぜです。
トマトピューレ
完熟ピートンも少々加えて色とコクをプラスしました。
トマトピューレ2
冷凍して保存します。
スポンサーサイト

ピンときた

今日の午前中は波田のまちづくりを考える会みんなの野菜畑の作業日でした。花豆、白花豆、夏野菜の収穫と既に終了しているトウモロコシを片付けました。トマトやナスは秋になって味が深まっていて美味しいです。花豆は来週以降も収穫できそうです。早く煮豆たべたい(^^ )
花豆収穫130928 みんな畑収穫130928

午後はわたわた1人、みんな畑横の空き畑を耕耘。メンバーのクラッチさんが前もって夏草をトラクターで鋤き込んでくれているので、緑肥エン麦を散播し、凹凸を均しながら管理機をかけました。
盛泉寺上畑耕耘130928

端の方は草がのこっていて、管理機での耕耘は難儀しました。無理矢理かけても草が絡まって機械が止まってしまいます。その度に機械をとめてロータリーに絡まった草を手で取り除いていました。

そんな難航(難耕?)の最中、難航箇所を乗り切り、スムーズに耕耘できるようになったところで、何故かロータリーが気になったので機械を止めました。こういう時は直感を無視しないことにしています。
ピンときた
ちょうど草に取られてピンが抜けかけていました。草を除くとピンがなく、真下にピンが落ちていました。
除いた草のなかにピンを押さえる金具も発見。
良かった〜。そのまま作業していたら、ピンを鋤き込んで行方不明になるところでした。

思い返してみると、なぜ気づけたのかは不思議です。変な音がしたわけでもなく、何となくなので。
ピンだけに、何かピンときたのかもしれません(チーン)。

草焼きや間引きやカボチャ洗い

Happy village farmの水神畑のカボチャ跡地の草焼きをしました。良く乾いていたのでどんどん燃えました。燃え残りは草焼きバーナーで焼き、だいぶキレイになりました。
草焼き130928-1 草焼き130928-2

その後、カボチャ跡地で栽培しているダイコンの間引き。
竜神三浦×山田ねずみ大根。放任交配だったのだけど、ちゃんと交雑しているらしい。
水神三浦間引き130928
三浦に似ているけど、少し違う。この先も楽しみ〜。

午後からカボチャに着いている汚れを洗って、屋内にしまい込む作業。
カボチャ洗い130928
水にマザータッチを加えて洗ってみたら、果皮にくっついた土などの汚れが落ちやすいのでした。これは定番にしたい。

と、いうわけでカボチャづくしの夕飯。
カボチャポタージュ カボチャ煮物 カボチャさらだ
カボチャポタージュ、カボチャの煮物、カボチャとピートンのサラダ。
どんぐりカボチャのグリル カボチャ天ぷら
どんぐりカボチャのグリル、カボチャの天ぷら。

どんぐりカボチャのグリルはまるでスイートポテト。これは他のカボチャでは得られない味わいだなとあらためて確認しました。どんぐりカボチャ、今年は少ししかつくらなかったけれど、次年度は増やそうと思います。

iOS7

iOS7にしてみました。いろいろ巷では噂されていますが・・・。難なく動くじゃないですか。
ほ〜っとして、アプリの整理をしていたのです。
新しいiTunes上でアプリの並べ替えをやっていると・・・。

Google mapを動かすと、なぜか連絡先が移動する。
そのうちGoogle mapのアイコンが2つに。
そしてGoogle mapは起動しなくなり、アイコンは忽然と姿を消したのです。

仕方ないので、アップデート前のバックアップに戻すことにしました。

ら、

情報はアップデート前になったけれど、iOSは7のまま。

OSは後戻りしないことが判明。

その後、Google mapも復活しており、難なく使えるようになりました。

さくつけたいけい

今年、カボチャも金時豆も良く出来たが、雑草はすごかった。ダイズは雑草を良く抑えてくれたけど、無肥料栽培なのに倒れてしまった(収穫はこれからだけど、たくさん着莢はしている)。やはり育土が出来ていないと管理技術だけでつくるのは大変なんだと身にしみた。育土あっての自然農法だと体験として理解できた。育土といえば、しっかり冬作物をつくり、根と粗大有機物を一定量還元すること。その主役はやはり小麦だろう。
そこで、Happy village farmの露地土地利用系の主要品目であるダイズ、カボチャ、金時豆を秋野菜と小麦を仲立ちにして、4年輪作で組むことを考えた。
HVF作付け体系
図は秋野菜からカボチャまでのみ。

秋野菜→小麦→ダイズ→冬期休閑→春播き緑肥&ポリマルチでカボチャ→秋野菜→小麦→ダイズ→冬期休閑→春播き緑肥&ポリマルチで金時豆→秋野菜

と回すと、2年に1回ダイズが入って、ダイズの後は冬期休閑してカボチャもしくは金時豆で連続して秋野菜。
これを水神畑とトーショー畑を2つの分けて交互に入れると、毎年採れる量は一定になっていいかな。
次年度に向けた検討は続く(楽しい)。

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。