きゅうり祭り

わた家、きゅうり祭りになってます。毎日、毎日、毎日、きゅうり。食べる速度より成る速度が早いのです。
キュウリいっぱい
こうなるとキューちゃん漬けの原料用に塩漬けにするのが常套手段なのですが、昨年の塩漬けがまだある状態( ̄0 ̄)。まずは昨年の漬け物や原料の残りを処分しなければ・・・・。

というわけで、さしあたり料理で対応。大きくなってしまったキュウリの大量利用メニューを考えました。

ずばりキュウリカレー。
きゅうり細切り
細切りしたキュウリに塩をして、水気を絞り、カレーの具材として用います。

ニンニク、しょうがおろし、タマネギを炒め、スパイス(クミン、キャラウェイ、フェヌグリーク、コリアンダー、クローブ、ターメリック、ナツメグ、トウガラシ)を加えてさらに炒めます。
そこにキュウリを加えて、さらに炒めます。水、ニンジン、ピーマンを加えて煮込み、カレー粉、カルダモン、クミン、コリアンダーを加えて塩味を調えて出来上がり。
キュウリカレー
スポンサーサイト

忙しい

「忙」は心を亡くすと書くと言います。心を亡くすほど忙しいということと言うけれど、本当は逆でしょう。
空 130731
心を亡くしてしまうから忙しくなる。全体を俯瞰しつつ目の前を見つめたら、忙しさは客観的なものになり、全体を把握しているのなら忙しくはなくなります。

客観的な視点を持つこと。
つまり「私心を亡くし、全体に寄与する」という意味で「忙」であるなら、忙しいとは忙しいという意味ではなく、自分にかまけている暇はないという意味になるでしょう。

ぼたんこしょう

Happy village farmでは今日から信州中野の伝統野菜「牡丹胡椒(ぼたんこしょう)」を出荷し始めました。
ぼたん胡椒
唐辛子としては大型で、お尻がしわしわとなる唐辛子です。同じような形の唐辛子に、新潟の神楽南蛮がありますが、信濃川でつながっている地域なので、北信から上越地域の在来種と言えるのでしょう。面白いのは、同じような系統なのに、長野県では「こしょう」、新潟上越地域では「なんばん」と呼ぶところ。伝わり方や元々別の唐辛子が合った可能性もあり、興味が尽きません。

牡丹胡椒はタネのついている胎座部分(白い部分)がほんのり辛く、緑の果肉は唐辛子の風味はあっても辛味はほとんどないのが特徴。果肉はパプリカよりは薄いのですが、唐辛子のなかでは肉厚な方です。このため果肉はなかなかジューシーで、ピーマンの代わりに詰め物をしても美味しそうです。現地では味噌炒め物や唐辛子味噌などにするらしい。うちでは天ぷらにしてみたら最高でした。少し辛みは感じるけれど、小学生のCも普通に食べてました。

畑での栽培上の特徴はウイルスには弱いようです。草勢は中庸で、初期のアブラムシに注意すればそれほど難しくはなさそう。しかし果実が大型なので、収量はそれほどでないかな。注意深く観察すると、しわの入り方や果実の大きさには少しの個体差があるようにも思われるので、自家採種する際にはよく観察する必要がありそうです。
またわたわた育成のパプリカと交雑させて、ピリカパプリカ(仮称)にしても良い感じになりそうです。
わくわくです。

トマト寿司

トマト寿司つくりました。レシピは木の花ファミリーのFacebook記事を参考にしました。
トマト寿司

トマトの表皮を湯むきし、外側の果肉部分だけにします。
トマト寿司づくり1

寿司飯に乗せる側を素焼きします。弱めの火で表面側まで火を通さないことがポイント。
トマト寿司づくり2
焼けたら一旦トマトを冷まし、握った寿司飯に乗せて出来上がり。
バジルの葉をかざりました。
寿司飯は通常より甘味を控えてつくりました。

タレは、焼いたトマトを冷ましてる間に出た汁に、醤油とバルサミコ酢、オリーブオイルを加えてつくりました。

トマトの心に近い果肉部分は、味噌汁にしました。
トマトとバジルの味噌汁
仕上げにバジルと青シソを加えます。和伊和伊スープですね。

牡丹胡椒とナスの天ぷらを添えて。
ぼたん胡椒天ぷら


トマト寿司。旨すぎです。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。