江戸末期の話

今日もわたわた実家でした。今日はわたわたPC仕事をしながらのんびり過ごしてました。子どもたちやNami-♪さん、弟家族たちはみんなで買い物に出かけたので、わたわたは留守番をしてました。わたわたじいちゃんは八十代(大正14年生まれ)ですが、まだまだ元気です。じいちゃんは庭木のゆずの収穫などしてましたが、昼過ぎにじいちゃんのお姉さんが訪ねてきて、居間で昔の話をし始めました。じいちゃんが子どものころに周囲の人から聞いた昔の話ということで、明治22年に戸籍法が出来たときの経緯やら、その頃の村の権力者が誰であって、それ以前の名主はどこの家だとかいう話でした。かるく江戸時代の話なのでした。

わたわたの姓名「石綿」っていうのは、明治以降にできた姓なので、江戸時代にはなかったものの、家としては本家があります。しかし本家とは別に「ホンタク」と呼ばれている家があり、その関係はなぞでした。わたわた実家は分家なのですが、本家はなぜか「オモテ」と呼ばれていました。今日の話で分かったのは、本家もどうも他から来た家が名主様から養子をもらって家を継いでもらい、のちに石綿姓ももらったらしい。当時、名主様には良くできた3兄弟がいて、3兄弟のうちの2人が2つの家に養子に行き、もう1人も別の家を継いだという話だった。名主さんの家が、ホンタクで、本宅の前手に新しく家を建てたので、オモテの家になったのだという。

オモテの家ができた頃には名主さんの家が落ちぶれてしまい、養子にいった子がたてたオモテの家が力をもつようになったらしい。そしてその人はできた人で、戸籍法ができたときに、後々のためにということでまだ人が住んでいなかった山林の中にあった掘っ立て小屋を家屋として登記したりと機転が利いたらしい。そして後々、困ったことに後取りが生まれる前に奥さんが先立ってしまい、親戚から養子をもらってオモテの家を継がせることになった。

しかし自分がオモテの家に残っていたのでは、その養子さんがやりにくいだろうから、自らは隠居することにして、かつて登記しておいた掘っ立て小屋のある山林に新しく家を建てて移り住んだ。そしてその時に後妻をもらった。その後妻との間に生まれた子どもが、じいちゃんの父親だという話だった。

すごい話だった。わたわた子どもの頃に、幼なじみの何人かは皆遠い親戚なんだと聞いたことがあったが、そういうことだったのかとようやく分かった。今の時代も新しい家族のあり方が試行され始めていて、面白くなってきたなと思うが、結構昔も面白いな。今、イメージされる家族像っていうのもここ最近の姿なのかもしれないね。
スポンサーサイト

ばあちゃん

茨城のわたわたの実家に来ています。今日は、足の手術をして入院しているばぁちゃんをお見舞いしました。すごく元気そうでした。手術のおかげで痛くて動かすのが億劫になっていた足が動くようになったと喜んで動かして見せてくれました。本格的なリハビリは年明けからなのだけど、じっとしていられないのか、今日は車いすで病院周り2周りしてきたとか、車いすへベットから移動できたとか自慢してくれました。
そのせっかち、さすがわたわた祖母。のんびりって出来ない人なんだな、きっと。

年末ご飯

クリスマスのご馳走の後、それ以降の食事のメニューは冷蔵庫片付けメニューになることが多いです。年末年始に出かけることが多いので、年越しやお正月の準備というよりはしばらく留守にするから日持ちしないものを片付けていこうとか、余計な買い物をせずにあるもので食べようというメニューになります。素材が限られるので、レシピを考えるのもひと工夫ひとひねり。

今日のお題。厚揚げ。それだけ!ってことでなく、貯蔵のきく野菜はいっぱいある。

ハクサイその他と八宝菜風とか酢豚風っていうのはよくやるメニューなんだけど、今日は副菜に納豆とかダイコンおろしがあるので、あんかけ系はいまいち合わない。

切ってグリルで焼いてさっと醤油かけて食べる・・・・う~ん、肴には良いが子どものご飯のおかずにはちょっと。

ということで、
出汁醤油で九条ネギを煮て、そこにグリルで焼いた厚揚げを入れてさっと煮合わせて出来上がり。卵とじにしても美味しいけど、今日の他のおかずには合わない。それに卵は明日の大事なおかずだ。

空気


遺伝子というのは概念であって実体ではない。遺伝子の物理的基盤は核酸とタンパク質などの遺伝物質であり、遺伝子とはその生理化学的働き(生命現象)の結果である。遺伝子操作といってDNAだけをいじってどうなるものか。変化は起こるが制御しきれるものじゃない。DNAを改変する実験が始まって久しい。そしてDNA組み換え作物が野外で栽培されるまでになっている。そんな時代なのに、ようやくリーディング鎖とラギング鎖で複製ミスの頻度が違うとか、ラギング鎖から作られる意味なしと思われていたRNAが実は発現調節を担っていたとかいうことが分かってくる。分かっていないことだらけな遺伝に関わる生理化学。セントラルドグマが本当に唯一のドグマであるかどうかは分からない。生命科学のレベルはまだまだそんなもの。

汗の説明はWikipediaでは「哺乳類が皮膚の汗腺から分泌する液体である。」となっているが、これは実は違うらしい。液体は出ない。汗をかくというのは、汗腺から液体が出てくるのではなく、実は気体が出てくる。出てきて、大気との間で物理化学的な反応が起きて、液体化して肌に付着する。水が乾くと書いて汗だ。漢字の方が科学だった。液体が出て乾くのではなく、気体が出て液体になるかどうかが決まる。液体になるのは一瞬のことなので、巨視的にみたら液体が出ていると見なせるだけだった。常識に思っていることにもすごく繊細な自然現象を大づかみにとられているだけだっていう例。

雹がどうやってできるか。より寒冷な空気があってもできる時と出来ないときがある。普通に説明されているのは、氷のつぶつぶが上がったり下がったりして水が付着していって発達するという。実は気圧の強烈な変化がないと出来ないらしい。逆に気流の動きだけでも寒冷な空気や過冷却がなくても氷ができるらしい。仕組みは通常の気象の話では十分説明されていない。

分かっている科学でのみ説明できることが科学じゃない。
科学とは態度のこと。
分かっている枠組みそのものを常に新しくしていくことが科学。
それは古い枠組みを内包し、正しく位置づけることでもある。

「既存の科学では説明できない」・・・この表現は、その通りなのだろうから、良いだろう。
しかし、「既存の科学は間違いである」と全否定したらカルトだ。
既存の科学法則はこのように捉え直すことができるよと提示できたら本物だ。

遺伝子のように物質的基盤は記載しきれない現象であっても、想定し、生物現象を記述できるなら科学になる。しかしそれは全部じゃない。切り出して理解可能にした枠組みのこと。そしてさらにその枠組みが成り立つ条件を求めていくのが科学。
本物の枠組みというのは、常に広がっていく固定していない枠組み。

空気にはエネルギーがある。空気を含む水と含まない水では働きが違う。
土や作物を観察していたら、かん水と雨は全然違う。
雨量をかん水で再現するのは、普通の畑じゃ無理だけど、苗ならできる。
苗に雨を当てた場合と、かん水をした場合。念のためかん水の温度も同じにしよう。でも雨の勝ちだ。ミネラルや窒素分は雨の方が圧倒的に少ない。溶けている固体物質の影響ではない。たぶん、空気だ。

空気の気は気合いの気。気が空っぽなのではなく、空(実体のない)気だ。
カメハメ波じゃなくて、元気玉だ。・・・たぶん。
エネルギーは光だから、乗り物がいる。物質化しているのなら、質量や振動や不安定な結合エネルギーにして保存できる。
空気にエネルギーを保存するといっても活性酸素じゃないし、Oラジカルでもない。そっちは化学エネルギーだ。
空気そのものにエネルギーを一時留め置くことのできる要素やルールがあるとしたらどうだろう。光のエネルギー(火のエネルギーとしよう)に対して、それを封じ込めるルールだから水とでもしておこう。火+水=空だ。「から」じゃなくて「くう」。

そして物質として存在するためのルールを土素としよう。E=mccだけど、原子核も電子もとびとびの形しかとれないのは、このルールがあるから。そして空間に実際に存在するということは、それ自体が空間を占めるだけで質量やそれ以外の存在との間で相互作用するポテンシャルを持つ。これが物質がこの空間にあるだけで持っている在のエネルギー。五行思想では「木」と表現されるのかもしれない。

火(光エネルギー)+土(物質のルール)は、金。金属の単体はそれだけでエネルギーの塊だから、酸化物などになろうとする。金を持つ物質が在の偏りをもって存在すると、空を引き込んで反応が起きる。生き物は常にこうやって空を取り込み続けて生きている。なるほど。

---
今日の日記は思考の試行を志向してみただけ。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。