タカナリ



飼料用として有望視されている多収性のイネ品種「タカナリ」。木の花ファミリーで昨年栽培したものを一部いただいていたので、昨日、今日で食べてみました。精米してみると、やや長粒で大きく、見事な芯白米でした。そこで昨日はパエリアにしてみましたが、スープを良く吸い込み、パラリと仕上がり美味しかったです(写真取り忘れあせあせ)。

今日の昼食はおにぎり(わたわた、いつも昼ご飯はおにぎりonlyです)で試食。いわゆる粘り気はないのだけど、クセがなく結構いける。
そして夕飯は、カレー。タケノコカレーです。これもばっちり合いました。

調べてみると、タカナリはインディカ品種でした。どうりでエスニック系が合うはずだ。グリーンカレーなどのタイカレーにも合いそう。チャーハンもいいかもね。
スポンサーサイト

諸々取り付け

そうそう、わたわた車を2月に替えました。7人乗りのストリーム(普通車)から軽ワゴン車のバモスにしました。ストリームは排気量2000ccでしたが、車体が重いせいかいまいちノンビリな車でした。バモスは軽ですが、ターボ車にしたので加速はストリームより良いくらいです。荷物はたくさん詰めるし、合羽が下げてかけられるし(笑)、良い感じです。

で、今日は2月以来、中途半端に付いていたナビやら携帯電話ホルダーやら諸々の備品の本格的な取り付けをしました。VICSアンテナやパーキングレンジのレシーバなどのナビの配線も裏側を回してすっきりさせました。

車に乗る度に、あ~じっくり取り付けやりたい~って思っていたのでホントに気分すっきりです。

寒さに耐えるを考える



サイドワークでやっているピーマン育種。わたわたの恩師柳下先生の育成した「ピートン」という特殊なピーマンを預かり、信州の高冷地に適応させるべく選抜をつづけています。発芽に関しては、先生のところにあった頃は28℃とか30℃で発芽させていたので、信州に来てしばらくは無加温(保温のみ)の温床では発芽が極めて遅く、わたわたが独自に育成した信州パプリカに比べると発芽までに2週間もずれる状態だった。しかし昨年200粒以上を播種し、発芽の特に早いものを選抜したら、今年は信州パプリカより早い発芽。確実に低温発芽性が高くなった。200粒から発芽の早いものが出現した頻度は十数株。もし低温発芽性が2つの独立した劣性遺伝子によって支配されているとすれば、2重劣性になる確率は理論上1/16=6.25%。200粒なら12.5株。昨年の十数株がそれに該当し、2重劣性を選ぶことができたとすると、今年(次世代)はこの2遺伝子は分離しないから全て低温発芽できることになる。今年の現象はこの遺伝子の仮説を支持しているように見える。

しかし発芽後のピートンの子葉色はアントシアン(紫色の色素、低温で現れる)が発現し、いかにも寒そう。一方、やや遅れて発芽した信州パプリカには、アントシアンの発現はない。遅れて発芽したので、まだ子葉の大きさはピートンに追いついていないが、日に日に差は縮まっている。根は今のところどちらも伸びており、分岐もあるし、根毛もしっかり出ているようだ。

「低温に対する強さ」といってもその内容にはいくつもあるのだろう。
低温で発芽できることと、寒さに耐えて生長できることは別因子という可能性もあろう。低温で生育できることにもいくつかの酵素の適応範囲が広いこともあろうし、リン酸などの吸収能力が低温でも発揮できるとか、有機態成分の吸収能力が高いとか、微生物を共生させて低温に耐性を獲得するといった仕組みも考えられる。通常よりやや厳しい条件の中で作物が見せる特徴を観察するのは実に興味深い。育種にも栽培にも応用できそうなヒントが見え隠れしているように思う。

不覚

昨日は波田町産業育成塾改め波田杜の郷協議会の会合だったのですが、わたわた不覚にも欠席。日中キャベツの定植作業などで気合いを入れていたのですが、気がゆるんだせいか、夕飯食べた後に急速に体調悪化。寒気はするし、気持ち悪いし、休む連絡をして早寝しました。最初は全然自覚症状がなくて寒くて、何が起きているのか分からない状態。あっこれ?風邪!?。不覚とはよく言ったモノだとか感心しつつ、感心してる場合じゃないだろ~っと寝込みました。

寝る前に出ている症状からいくつかレメディを試したけど外れ。おそらく週末土日の食事が体に合わなかったことによる胃腸の疲れが原因で、昨日1日は気合いで乗り切ったけど、本来の状態に戻ったというところなのでしょう。

今日はもう回復してますが、ホントに体調管理に気をつけたいと思いました。

キャベツ定植



今日は初夏どりキャベツを定植しました。育苗の遅れにより予定より1週間以上遅れてしまいましたが、一昨日の強い霜を避ける結果になりました。もし植え付けていれば今年の苗質ではあの霜で大打撃だったことでしょう。運が良かった。
明日は雨で風も弱いようなので、今年の植え方はやや浅めに設定です。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。