挿し木実験の結果




1月30日の日記で紹介した市販の育苗用土に砂糖水やEM1号液を含ませて1週間培養したっていう土。その時の結果は、

水のみ 370μS/cm
砂糖1%水 364μS/cm
EM1号0.1%水 309μS/cm
砂糖1%+EM1号0.1%水 275μS/cm
砂糖1%+EM1号0.1%+EMセブン0.05%水 302μS/cm

でした。その土にキュウリを挿し木。双葉が展開しきったものを胚軸で切断してざくっと刺しました。1週間くらいで胚軸から発根してきますが、このときに土の影響を受けるだろうと。

その結果がこれです。
地上部(写真1)は水のみ、EM1のみが大きい。EM1EMセブンは小さい。

地下部(写真2)は、
水のみ;根が細く少ない。
砂糖水:根に小さな分岐が多い。
EM1 ;太い根が地表付近に多く発生。
EM砂糖:小さな分岐が多い。細かい根が多いが太い根は少ない。
EM砂糖EMセブン(写真3):明らかに根量多い。太い根と細根が両方多い。

とこんな感じです。反復していないので科学データではなく、単なるお試しでしかありませんが、なかなか面白い。

土に入っている肥料分はどれも同じ。微生物が動くような処理をしたので存在の仕方はちょっと違っていて、微生物の構成や活性が違う。すると、やはり作物は影響を受けるように思われます。地上部と地下部、根の形と葉の大きさの関係なんかもヒントになるところが多そうです。

元々有用微生物を加えている培土や落ち葉堆肥を使った培土ではこんなに差が出ないか、もっと差が開くかもしれない。その辺りも興味深い。
この根量の差は表面積の差として決定的と思われるから、表面積を測定する方法を考えたら、数値比較できるか。

砂糖+EM1+EMセブンで地上部が小さいのは光合成産物をかなり根の発達に使っているからだろう。これだけ根が増える状態で、地上部が他と同じになるくらいまで窒素を与えたら、多收になるのか?

めぐりあわせ

昨日は風邪を引きかけていた。どうにも気管支がゼロゼロして、何かを食べると胃腸が痛むといった感じで1日辛かった。そしてどういうわけかこういう状態の時に限って、仕事が捗らないし、胃の痛くなるような話がやってくる。これは偶然じゃなかったな。風邪が呼び込むのか、何かネガティブなものが風邪を呼び込んだのだろう。どうにも最近の職場にはひどい時空間の歪みが生じているように感じる。

昨夜はぷ組の執事会だったのだけど、行く直前まで実は倒れていた。レメディはすぐにアルセンアルブだと分かったので、それを2回リピート。そして外気功はあまり上手ではないのだが、薪ストーブの炎の熱量は半端でないので、そこから元気をもらって15分くらいでどうにか動ける程度に回復。

それから出かけた。しかしそんな状態だからこそ、仲間との会話が助けてくれたのだろう。執事会はぷ組の執事事務担当による事務連絡や総会に向けた規約作りの会議だったのだけど、1つ1つの会話が本当に楽しかった。体は辛かったけど、夜遅くに、仕事で疲れているのに、長野各地からここに集って、いろいろ相談している不思議、その中で1つのものを創り上げようと一生懸命相談しているんだ、そんなことを考えるとたまらなく嬉しかった。会議が終わる頃にはだいぶ回復していた。ぷ組として何が出来るか、分かち合えるものは何だろう、そのことによって自分もレベルアップできる、人がこのことを本気で考えたとき、人は本当の楽しさを感じ、力を得るのだろう。自分は本当に幸せ者だと思った。

今日は松本にマイミクさんが来ているので、皆でご飯食べようと誘われたのだけど、さすがに体がボロボロなので家で大人しくしていました。会いたかったけど、でも大丈夫。いつかまた会えるでしょう。昨日、わたわたが包まれたような何とも不思議で嬉しい気持ち、どんなバカ話をしていても言葉の端々にこぼれるもんだよね。今日、風邪のため休んでこれを書いているというめぐり合わせを素直に信じよう。

バシルーラ

仕事中に使いたいと思ったことのあるドラクエの呪文ランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=763574&media_id=45

確か1モンスターグループに対して使えたような気がする。敵をどこか遠くへ飛ばしてしまうこの呪文。「ここのアブラムシ!全部まとめてバシルーラ!」とか。
ザキのほうがいいか。

自分に使うならピオリム(高速で動けるようになる)とか。草刈りあっという間。誘引作業、30分!とか。

こんなのもあった

pHとECから塩基飽和度を推定して、さらにCECを推定する方法。2通りありました。
塩基飽和度推定値=28.7 × pH + 41.8 × EC - 92.9
塩基飽和度推定値=35.8 × ( pH + EC ) - 130.4

どちらも塩基飽和度の実測値が100%近いときに精度が高く、
塩基過剰土壌ではやや低め、塩基不足土壌では高めに出るらしい。

で、これらの塩基飽和度推定値と石灰、苦土、加里の当量濃度の実測値を使ってCECを計算する方法が、

CEC推定値=100 ×(石灰+苦土+加里)/塩基飽和度推定値

です。手持ちのデータ3つくらい試したところでは、この数値の方が、先日の式よりも精度が高いなと思われました。

うつぼ


高知でうつぼを初めて食べました。写真のは「たたき」。この他に唐揚げを食べました。うつぼ、美味しかったです。全く魚臭さがない。旨みが濃くて、皮の下のゼラチン質の部分がなんとも言えないのです。

カレンダー

02 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ