農民連の全国大会に参加してきました

1/13-15に開催された農民運動全国連合会の第21回定期大会に農の会からの代議員として参加してきました。延べ参加者は320人とのことで盛況でした。1日目の最初は分厚い資料に基いて、本部からの情勢報告です。低米価の問題、TPP参加交渉の問題などが報告され、それに対する運動の到達点が示されました。続く討議では、各県や組織の取り組みが報告されました。また次年度からの運動方針案が提案され、これに対しても討議が続き、予算も含めて3日目に採決されました。
10913591_782277751851651_1295512179_n.jpg 農民連の全国大会1
わたわたも農の会の活動報告と農民連の運動方針のなかの農業生産に関する活動に関して、賛成の立場から意見を述べました。

以下、その発言要旨です。
---
発言テーマ:農の会の現状と国際土壌年に対応した運動に対する意見
「農の会は2014年に60周年を迎えました。農の会は、農家、研究者や技術者、そして消費者が一緒に農業を学ぶ運動、何をどう育てるのか、その基本とすべきはどのような理念なのか、各々の取り組みから何を学ぶか、ある時は畑で、ある時は机を並べて学び、討論し、この時代をともにどう生きるのか、生産者、消費者はそれぞれ何ができるのかを考えようという運動を行っています。地味な活動ですが、文字通り、大地から生まれる味をともに喜べる関係を人間社会のなかに、経済社会のなかに築いていく運動であろうと考えています。

現在会員は79名です。本部を2011年秋に長野県松本市に移し、2012年2月の総会で会長に松本市で新規就農した土肥寛幸がつとめ、前会長の柳下登が副会長として三役に残ってもらい、過去の運動のつながりや理論的到達点を引き継ぎながら、新体制のもと若手農民の技術を高めたい、生産安定の土台となる作物や土壌の本質を学び、それぞれの経験を交流・共有したいという要求に基づいた技術運動を進めています。30代、40代の若い会員や勉強会参加者が増える一方で、高齢会員の退会があるため、会員数は少しずつ減少しているのが現状です。しかし、運動の火はそこに作物や家畜を育てる農の営みがあるかぎり、農業生産にかける情熱がある限り消えず、今、TPPにどう対抗していくか、国民に信頼され、支えられる農業であるために何をし、どう発信し、多くの人たちとつながっていくかを考えれば、「何をどうつくるのか」という運動は広がる条件がどんどんできつつ在ると考えています。

国民の多くが求める安全・安心な農産物です。安心の反対は不信ですが、その不信は何度となく起きている産地偽装や冷凍餃子事件やGMO食品などの問題を背景に、消費者の知りたい要求、自分や家族の健康につながる命のもととなる本物の食べもののことを理解したい思いに応えられない経済の複雑さ、社会の分かりにくさがあるのだと思います。スーパーに行くとトレーサビリティの二次元バーコードがあったり、生産者の顔写真がポップになっていたりしますが、それは流通の都合や流通が考える顔の見える関係であって、不信が当たり前になっている状態を背景にした安心ビジネス、差別化商品にとどまり兼ねないものです。消費者の願いに応えていくには、単なる顔の見える関係を超えた、生産現場の見える関係、作り手たちが何を思い、作物や家畜とどう向き合い、どう育てているのかを研鑽し、発信していくこと、その積み重ねが大事であると考えます。

在来種のタネとりも3年、5年と続けてみて課題も整理されるし、地域の宝にもなっていきます。土づくりも1年で結果が出るものではないし、様々な観点から勉強し、現場での活用を通して、永続性のある技術として子孫に引き継いでいくべきものです。その取組みの1つ1つの現場こそ、我々生産者がプロとして立ち、異常気象にも左右されないような安定生産の技芸を発揮すべき場所であり、最も消費者が知りたいポイントなのではないかと思うのです。我々は作物や家畜とのやりとりを通して、あるいは家に帰って家のご飯や漬物を食べて、農業は自然あってのもの、地域風土に生かされていると日々実感できるのと同じように、消費者もまた自然とつながりたい。自らの命を成り立たせている根っこ、大地とのつながりそこ「安心」の根っこにあるものだと思うのです。心根という言葉あるように、心の根は大地とつながるということではないでしょうか。

大会決議案にもある「在来種を守る運動」「国際土壌年」に対応した運動はまさにこの「タネ」と「土」の運動のことです。生産者も消費者も日本人だけでなく、世界中の人々が、もともと地球人として、大地に育まれて生きています。ものをつくってこそ農民という農民運動の原点は、地球人類のスタンダードなのです。国連が取り組むということは、土を通して、人類全体が共有すべきものを認識できるということ、人類の平和共存に未知を開くことができることを示しているのです。

ですから、何をどうつくるのかは、もはや個別の農家の選択の問題ではありません。個々の経験と勘に留めておくものでもなく、どこかの教科書や何とか農法マニュアル化が正しいというものでもない、垣根なくそれらを交流し、共有できるものを見出し、ものづくり運動に活用していくかがこれからの取組みとして重要になると思います。何をどうつくれば時代を切り開いていくことにつながるのか、語り合い、研鑽する場を設けることは仲間づくりにも新しい切り口になるのではないかと思うのです。

農の会は小さな地味な会ですが、何をどう育てていくか、その背景や理念を共有し、技術を深めていく運動にこだわって続けていきます。土の基本の勉強会や在来種のタネとり・育成など協力できることもあろうかと思います。何か絡む要素がありましたら、お声をお掛けください。

1月31日に定例研究会を「do you 農 your lfe あなたの生活の中にある農」というテーマで開きます。環境哲学の学者、現場の農家、産直食材のお弁当屋さん、そして農民連からも食糧主権について話題提供いただき、身近な食と社会とのつながりを考え、それぞれの立場でできること、どうつながっていけば良いのかを考える機会をつくる研究会です。会員内外をとわず参加できますので、是非ご参加頂きたいと思います。農の会を今度ともよろしくお願い致します

---
スポンサーサイト

Do you 農 your life ?

わたわたの参加している「農の会」の2015年定例研究会の案内です。テーマは「Do you 農 your life ? ~ あなたの生活のなかに在る農」。
農の会2015定研チラシ
毎日食べる食べもの1つとってもそれは多くのつながり(農的自然)のなかで生み出され、社会のつながりに乗って、私のもとに届き、私が選び食べる行動によって、その食べもの(=生きもの)自身も存在しています。人類全体が、未だ満足な食を得られない一方で、日本は農産物を工業製品と同じルールにするTPPを推し進めようとしています。自然と社会・文化が調和的 に持続できる人間社会のあり方と経済の仕組みとの間に大きな隔たりがあります。農産物は、複雑な社会経済の仕組みのなかに存在しており、農業界だけの問題ではありません。 食も問題も、身近な地域の問題も、原発をどう終焉させるのかも、
この社会で生きる人たち皆が、自らの生活に関わる1つ1つのことに関心を持ち、自らの生活や仕事の在りよう、地域や政治など社会との関係の持ち方を考え、より良いあり方を選択し続けていくこと、“社会をつくっている当事者”として生きることが必要であると考えます。

農業者のできること、それは農産物-食を通してつながる人たちとともに、その食を生み出す農の現場のこと、その農を成り立たせている社会との関係についても考えていくことでしょう。安全で 美味しい農産物を安定してつくり届けるとともに、その過程や自らの農業に連なる自然や社会との 関係を関心を持って見つめ、農業に反映させ、またそれを伝えていくことができます。

「農の会」は、農業者と研究者、そして消費者が共に農のあり方を学び・つくる会です。作物や家畜 の生き物としての特徴や仕組み、その生き物が生活する現場の自然から学ぶことで、作物や家畜を 健康に育て、経営的にも成り立つ農のあり方を探究してきました。「農の会」は 60周年を迎え、これ までの活動を踏まえ、現代社会、これからの社会における農の役割、未来に対する今を生きる私達 の生き方・暮らし方を考える研究会を開きます。ひとりひとりが当事者意識を持って生きる社会、それは生活のなかにある農への気づきから、・・・Do you 農 your life ? がテーマです。

日時:1月31日(土)13時〜2月1日(日)12時
場所:新宿農協会館8F大会議室(東京都渋谷区代々木2-5-5)

☆話題提供(13:30〜16:00)
1現代社会における農の位置~環境哲学の視点から(仮題) 東京農工大学講師 澤 佳成氏
2農と食とタネのあり方 長野県松本市 Happyvillagefarm 石綿 薫氏 
3米つくって飯食えねえ話〜食糧主権という立脚点(仮題) 農民運動全国連合会(講師依頼中)
4地域に入って農業を続けるということ(仮題) 長野県佐久市 坂下農園 坂下 理人氏
5生産者とつながる食と農の談話室(仮題) ワーカーズフェアビンデン 石井 正江氏

☆話題提供後、講演者+参加者全体で総合ディスカッション(16:00〜18:00)
☆懇親会(19:00~21:00, 4000円)@浪漫房(http://www.chirinbou.com/)

☆2月1日農の会60年の技術運動・活動を振り返る(9:00〜11:30)
ヤロビ技術、接ぎ木雑種、寒冷育雛・ミチューリン養鶏、クロレラ利用、イノブタ育種、遠縁交雑、 土着菌利用技術、施肥方法の検討、耕耘方法、不耕起水田、連作のすすめ、土壌診断と育土、 地球暦と果樹栽培、都市農業と市民参加etc
☆ピートン研究会(11:30〜12:00)

参加費:2000円 懇親会:4000円

参加申し込み先 Fax:0263-92-6683 / メール:nounokai3901401(あっとあああっく)gmail.com
申込時に、お名前、連絡先に加え、懇親会参加の有無を必ず記してください。
申し込み締切:1月25日



農の会現地研究会のご案内

締め切りが迫っていて恐縮ですが、農の会現地研究会が8月30-31日に信州松本〜上伊那で開催されます。
農の会2014現地チラシ
現地研究会なので、現場として、農の会会員の農園である「土肥農園」・「りんご屋すぎやま」・「ハッピービレッジファーム」を見学し、その後研究会を行います。

テーマは「農の価値<経済・食・自然>~皆で考える、皆で支える」です。

これは今年2月に開催された定例研究会のテーマ「農業にとって自然とは?」をより農業をどう捉えるかという立場で練り直したテーマです。

2月には大きく人類史的な農業と身近な農業経営の視点の双方から農業技術のあり方を議論し、これからの農業のあり方として、環境保全や食の自給という観点からの捉え方、その担い手としての農業者という農業の捉え方が出てくるというところに触れました。

今回の現地研究会では、現場をともに見て、農業者が意識する自然って具体的には何なのか?
作物、土、経営を結びつける農業技術とは何か?
について具体的な事例をともに学び、農や食を捉える視点を共有したいと思います。

信州は、農の会発祥の地。信州にて農の価値や食と経済のあり方を考え、未来を展望する場を共につくりませんか。

会員非会員は問いません。関心ある方、スイカやトマトやりんごを食べたい方、是非ご参加ください。

---- プログラム ---

視察先と見どころ
①土肥農園(松本市):土を活かすスイカ栽培、緑肥による連作障害対策
②ハッピービレッジファーム(石綿)(松本市):ピートンF1品種の開発状況、ダイズによる育土
③りんご屋すぎやま(宮田村):生態系としての果樹園、りんご多品種栽培

研究会話題提供
尾関周二氏(東京農工大学名誉教授)・澤佳成氏/関陽子氏(東京農工大学, 2月の研究会で講演いただいた尾関先生のグループです)
柳下登氏(本会副会長,東京農工大学名誉教授, ピートン開発者)、上記生産者

宿泊および研究会会場:大芝荘
〒399-4511長野県上伊那郡南箕輪村大芝2358−5 tel.0265-76-0048

日程
8/30 12:33 波田駅集合、12:50 視察開始、16:45 大芝荘着、
   20:00 接ぎ木雑種ピートンについての研究会、21:30夜な夜なフリートーク
8/31 8:30 尾関氏・澤氏のグループより話題提供
     澤佳成氏「日本の進路と農業」
     関陽子氏「獣害問題をめぐる人間-動物関係の文化的・思想的考察(仮題)」
9:30 農の会より話題提供、 10:30 総合討議、12:00 閉会

参加費:500円、宿泊(2食付)1万円程度
参加申し込み先 メール:nounokai3901401(あっと@まあく)gmail.com
        Fax:0263-92-6683
申し込み締切:8月20日(宿泊の有無を必ず付記してください)

農の会の記事

しんぶん「農民」に農の会定例研究会の記事が掲載されました。4面にどどーんです。
しんぶん農民
やはり、農の会はいい企画をしっかり深くやって、存在感を示していけばいいな。そう思いました。

東京日帰り

今日は農の会が団体加入している農民連(農民運動全国連合会)の女性部冬の学習会に招かれて、自家採種についての話題提供に行ってきました。昨日からの大雪で行けるかどうか微妙な状況でしたが、長野新幹線は動いていたので、篠ノ井線で北上し長野経由で東京に出ることができました。会場は台東区民会館だったので、上野のすぐとなりみたいな場所。場所的にも新幹線経由は都合が良かったです。
大雪の翌日ですが、ダイヤは乱れており、在来線は運休や遅れは大きかったようです。ほとんど影響のうけない旅程で助かりました。関東は暖かくて良い天気でした。
関東の冬晴れ
新幹線から筑波山も見えました。茨城県出身としては筑波山が見えると、何だかホッとするのです(笑)。

上野で銀座線に乗り換えます。
銀座線
銀座線は日本で最初に出来た地下鉄です。車両にパンタグラフがなくて、車輪が乗っかっているレールではなく、車輪の橫に電気とり専用のレールがあってそこから電気をとっています。なので何両かに1つ電気とり装置のついた車輪があるのですね。ピンぼけだけど分かるかな?

着きました浅草です。
神谷バー
浅草と言えば、神谷バー。浅草1丁目1番地の1です。もちろん寄ってはいませんよ。

いざ、会場へっと歩き出したものの、最初に選んだ道が悪かった。90度間違えてました。
雷門
あれ、こっちじゃないのに〜。
仲見世通り
なに観光しているんだぁ〜。

JA全農ぐんまのアンテナショップを発見。下町に八百屋風に店を構えるのっていいかもしれない。
アンテナショップぐんま
コロッケに惹かれたわけではありません(笑)。

でもせっかく迷い込んだので、三社さまにご挨拶。こちらに呼ばれたのかもしれませんね。
三社さまにご挨拶
何か結びつなぐものがあれば、わたわた働かせていただきまする。どうぞよろしく。

会場入りの前に昼ご飯。有名な老舗レストランのオムライス。
上野精養軒のオムライス
うーん。普通。松本おきな堂のデミグラスソースの方が美味しいかな。

会場に到着。
スカイツリー
隅田川を挟んで向こう側にスカイツリーが見えました。

学習会は90分ほど話をさせてもらって、40分とちょっとの質疑応答って感じでした。皆さん実際に自家採種に取り組んでいるし、農家のおかあさんたちなので、とっても実践的な質問が多かったです。わたわたの話題提供も皆さんの経験のお話も楽しく学びあう場になったと思います。ありがとうございました。農の会もPRしてきました。写真は取り忘れでした(^_^;。

帰りは、新幹線の乗車時間まで1時間あったので、上野まで歩いて行くことにしました。
わたわたは、お茶の水、秋葉原、上野、浅草の辺りは土地勘があるので地図を見なくても歩いていけます。浅草寺を横断してそのまま歩いて行くと入谷に出てしまうので、少しずつ南へ下りながら進み、上野を目指しました。

そして出たところは合羽橋(かっぱばし)。調理道具などの専門店がいっぱいの街です。
河童箸
コーヒーの道具にしばし見とれてちょっと時間をロスしました。

速歩きで歩いて上野に到着。
まるい太陽
丸い太陽が見ているなぁと思って、パチリ。丸井に丸い太陽(笑)。

話題提供で役に立たせてもらって、図らずも大好きな東京の下町を散策する機会もいただいて、わたわたは幸せ者だなぁと思いました。ありがとうございました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたむすび

最新記事

プロフィール

わたわた

Author:わたわた

わたわた(いしわたかおる)です。料理と野菜を育てることが大好きです。何気ない日常も全てこの地球の表現の1ページ。生命と進化の星、地球を表現すべく、日常の1つ1つに心を込めて「生きる」をやっていきます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。